<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「闇の王と紅の花嫁」著者:秀香穂里 イラスト:水名瀬雅良

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
濃密な赤い満月の夜──
おまえと交わったなら…どうなる?

天涯孤独の焔は永礼家に引き取られ、当主の一人息子・静に仕える事に。幼く愛らしかった静はやがて帝王然とした凛々しい青年に成長。それを誇らしく思っていた焔だったが、満月の夜、静の身に起こる異変に気づき……!?

秀さんがこういう作品を書くとは思わなかった。
でも、こういうのって、誰もが通るものなの?


web拍手 by FC2


学生の時はともかく、今はそんなに「ファンタジー」というものは読まない。
まあ、BLではそれなりに読んでないこともないのだけど、正直、「特殊設定」ものというのも「BLにおけるファンタジー」っていうものに入っているのだよね〜。
あくまでも個人的な線引きの話なんだけど。
現実的な話でないものを「ファンタジー」とすればの話なんだけどね。
というか、BL自体が乙女による「ファンタジー」なんだろうけどさ〜(苦笑)

で、今回の作品はBL抜きでも「ファンタジー」でした。

大体、驚きましたよ…。
秀香穂里さんがこういう系統の話を書くとは思わなかったから…。
秀さんって、どちらかというとハードな話を書く作家さんのイメージがあるから。
そして、登場人物の年齢も高め。
30過ぎ同士の話で個人的にはヤッホーと思う作品を書かれる作家さんだと思っていたから…。

だから、あらすじ読んで驚いて…、で、秀さんの作品なのに手に取るだけでレジまで持っていかなかった。
気にはなってましたよ…。意外性ゆえに…。
でもね……。

だけど、先日これをレジに持っていった。
まあ、小冊子目当てです。
かわいさんの新刊を買おうとしたら、既刊のルナノベルズを買えば、小冊子プレゼントとあるじゃない…。
その買おうとしたかわいさんの作品だけでなく、鳩村さんの作品の番外編もあるし〜。
ということで、最近はそういう出版社の思惑にハマらないようにはしていたのだけど、今回はハマってみる。
で、何にしようかな〜ということで、この作品。
どうせなら、小冊子に後日談が掲載されている作品にしようと思ったからね。

そういうことで、発売から数ヶ月後に読んでみる。
いやあ、ファンタジーでした。
設定も凝っていて、面白かった。
続編あるのかしら?
って、続編書いてもらいたいかも…と思った。
ダークエルフとの闘いがありそうな書き方だったしさあ〜。
それこそ「紅の花嫁」が狙われて…とかありそうでない?
秀さん自身、そこらへん狙っているのではないかなあ〜とか勝手に思ったのですが、どうなんですか?

で、かなりしっかりした「ファンタジー」だったのですが、ちゃんと「BL」でもありました。
まあ、焰が女性でも良かったのでは?とか思わないでもなかったが、ちゃんとBL。
っていうか、流石秀さん、
そういうシーンはがっつりと書かれていて、萌えもありました。
水名瀬さんのイラストも艶があって良かった。
そういえば、水名瀬さんもキャラセクでファンタジーっぽい作品を現在連載中。
今は、ファンタジーがブームなのかしら?
お二人ともそういうイメージの作家さんでないから、余計にそう思う。

とまあ、面白く読めた作品でしたが、個人的には舞台設定を現在にする必要はなかったような〜。
作品の雰囲気としては明治時代とか大正時代が良かったなあ〜。
その方が、静の高貴な立場とか活かされた気がするけどなあ。
特に大正時代だと、廃頽的なイメージがあるので、そういうゴシック的な世界観にあったような気がするのだけどね〜。
あえて、現代物にしたのかなあ〜。
どうなんだろう?

とにかく、それならそれで、続編を求む!!
2012.04.11 Wednesday 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「茅島氏の優雅な生活〜プロポーズ編〜」著者:麻々原絵里依 原作:遠野春日 | main | 「87CLOCKERS」1巻 著者:二ノ宮知子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:42 | - | - |