<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「まばたきを三回」著者:凪良ゆう イラスト:円陣闇丸

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
幼馴染で恋人の四ノ宮 令が事故で亡くなって二年、斎藤一佳は山間の田舎町で一人静かに暮らしていた。一日の終わりには令の住んでいた家に行き、その日の出来事を彼に語りかける。孤独を紛らわす一佳の習慣だった。ある日、いつものように令の部屋にいた一佳は突然大きな揺れに襲われる。そして次の瞬間、驚きに息を呑んだ。目の前に令が立っていたのだ。綺麗で意地っ張りなままの、幽霊となった令が――。

今まで、気になりながらも未読だった凪良さんの作品。
イラスト買いと評判が良かったこと、あと他に買う本がなかったのが決め手です。


web拍手 by FC2


さて、BLっていうのは恋愛が前提にあるのですから、基本は主要人物が2人いるわけであります。
中には2人以上で恋愛する話もありますが〜。
まあ、とにかく片想いだろうと両想いだろうと恋愛はひとりでは成り立たないわけなんですが、恋人が死んでしまったら…。
実際、その後は相手を想ってひとり生きて行くことも選択のひとつなんだけど、まあ、BLっていうのは読者という存在がいるわけだから、主人公がひとり相手を想って生きて行くのはあまり好まれないかなあ〜と。
ましてや、不治の病にかかって、ラストで亡くなったとかなら、死に向かい合いながらも愛を貫いた2人という別物の話として成り立つが、今回の話はそういうものとは違うわけで〜。
最初、そういうこと感じて、買う予定なかったのだよねえ〜。
でも、評判いいみたいだから。

というわけで、あくまでもBLっていうか恋愛小説での相手が死んでしまってた場合の考えられる展開としては
1.相手の生まれ変わり登場
2.来世で一緒になる
3.幽霊登場
4.実は死んでなかった
5.新しい相手との恋

とりあえず、今回の主人公たちはお互いしか見えていませんので、5はなしであります。
で、あらすじによりますと3の幽霊登場でありまして〜。
しかし、それでめでたしめでたしっていうのはあまりない。
守護霊としてっていうのもあるのだろうけど、今回はそういうわけでも。
結局ね…、〜だったのですよ。
う〜む、ネタバレになるからなあ…。
って、今更そういう殊勝なこというブログではないけれど…。

とにかく、ハッピーエンドです。
相手を想い合っているのがひしひしと伝わる話でした。
後日談の話が良かったなあ。
この2人の話がもっと読みたいかも。
2012.05.26 Saturday 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 賛否両論あるのでしょう… | main | 「きのう何食べた?」6巻 著者:よしながふみ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:35 | - | - |