<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「しめきりはご飯のあとで」著者:高月まつり イラスト:高城たくみ

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
肉体関係を前提とした友人になってほしい」――幸せそうにご飯を食し、男は呟いた。手頃な値段で絶品の弁当をお客さんに提供する『惣菜の宇野坂』を切り盛りするのは、一家の大黒柱でもある宇野坂守里。毎日ヨレヨレの服で食べ物を求めにくる男が気になり、あれこれ世話を焼いていたら突然迫られた!? 戸惑いながらも彼に惹かれてしまう守里だったが――!? 変わり者美形小説家×兄貴肌の惣菜屋デリシャスラブ。

昨日に引き続き、サブタイトルをつけるとしあら
『胃袋掴まれた男たちR』
ってところ?
Rはリターン?


web拍手 by FC2


違う出版社だし、別に連動フェアをしているわけではないのでしょうが、BLってネタがかぶることってない?
たまたま?
それとも世間のニーズに応えた結果?
ミステリー読みだった時は、主に図書館で借りて読んでいました。
つまり、新刊を読むのは一部の作家さんだけ。
だから、設定が似ている作品が同時期に出ていても発売当初に読んでいないから気付いていなかったかもしれない…。
いや、だけど、ネタがかぶっていたら、もっと世間で騒がれると思うけどさあ〜。

しかしながら、BL読みになったら、設定が似たような作品が同時期に発売ということが何度か何度か…。
男同士の恋愛という狭まれた設定が条件だからなのだろうか…。
う〜む、以前、BL界のフィクサーっていうのがいて、自分の読みたい作品を各出版社に出すように指示しているのでは?なんて冗談で言ってたのですが、もしかして本当にいるのでは…。

というわけで、本当にいるけどうかわからないBL界のフィクサーは最近、創作系の攻めが料理作るの職業の男に懸想する話がお好みらしい。
前回の2作の攻めが漫画家に対して、今回は小説家。
しかも、主な仕事先はアメリカだとちょっと、凝った設定しているような気はするけれど、ゲイの攻めが美味しい食事を与えてくれる受け(まあ、仕事なんだけどね…)に惚れる話です。
でも、今回の受けは結構手強かったかな?
前作2作が20歳そころの若い子だったのに対して、今回はもうちょっと年上だったのもあるかな?
あとね、今回の受けって、料理上手であるのだろうけど、性格がオカンだったような…。
基本、男らしいのだけど、おばちゃんがはいっているというか…。
そういう性格だから、攻めに捕まったともいえるのだが…。
攻めは…。
あんまりカッコイイところなかったかな?
嫌いではなかったけれど、受けの弟や受けのお弁当屋さんで働く女の子や攻めの妹の方が凛々しかったような気がする。
まあ、そういう情けなささに受けが絆されたのだから、結果的には良かったのだろう。
高城さんのイラストが可愛いというよりも凛々しい受けだったから余計にそう思ったのかもしれない。
2012.05.28 Monday 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「きのう何食べた?」6巻 著者:よしながふみ | main | 「獅子の双飛」著者:ふゆの仁子 イラスト:奈良千春 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:14 | - | - |