<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「甘い水2」著者:かわい有美子 イラスト:北上れん

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
警視庁特殊班捜査係・通称SITに所属する遠藤は、新たにSITに配属された神宮寺と同僚以上、恋人未満な関係を続けていたが…。

コチラの続編。
思ったよりは早く出たな…。
いや、雑誌掲載時から考えると結構たっているか…。


web拍手 by FC2


ああ、相変わらず、デリカシーのない受けだ…。

と前半は思っていた。
綺麗な顔に似合わず、がさつというかなんというか…。
男らしいというよりも本当にデリカシーがない…。
綺麗な顔をしているくせに性格はジャイアン?
傲慢というのもちょっと違う…。
結局、子どもということなのだろうか…。
しかもガキ大将…。
顔が良くて、将来有望な公務員でも女にもてないわけだよ…。
そして、そのガキ大将である遠藤。
こいつって、ある意味やれればいいと思っているだろう。
気持ちいいことは求めているくせに、その相手に対して色々としてあげようというサービス精神が欠けている…。
再び言うが、顔が良くてももてないわけだよ…。

そんな相手でも惚れた弱みなのか尽くす神宮寺…。
誤解により一方的に毛嫌いされていても、あきらめず「好きだ、好きだ」と言い続けたおかげでしょうか?
とりあえず、面倒なことは考えないであろう遠藤が色々と考えてくれるようになったよ…。

虚仮の一念岩をも通す(笑)

ただ、思ったよりも遠藤は貞操観念があったというか〜。
気持ちがいいことに流されたのがきっかけだとは思うけれど、篠口にはなびかなかったからね…。
まあ、あくまでも遠藤のことだけを見て「好き、好き」言っていた神宮寺とは違って、遠藤の後ろに誰かを見ていたように思えた篠口とでは、勝負にならないというか〜。
それでも、手八丁口八丁で丸め込まれるかなあと思っていたけど、それはなかった。
でも、篠口とでは受け同士だと思うからありえないか(苦笑)

とにかく、思ったより早く神宮寺は幸せになれましたね。
その後の2人も読みたいけれど、それは無理かなあ〜。
『天使のささやき』の続編があるだろうし。
そちらで、その後の2人が読めればいいが、時系列的に無理なのかな?

だけどさあ、後日談のショート読んで思ったのだが、この人たちお風呂エッチが好きだねえ〜。
前回がシティホテルで、今回は温泉旅館だが(爆)
2012.06.05 Tuesday 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2012年5月 | main | 「百鬼夜行抄」21巻 著者:今市子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:15 | - | - |