<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「花宵坂に恋が舞う」著者:絢谷りつこ イラスト:北沢きょう

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
時に激しく時に切なく、義太夫節(ぎだゆうぶし)を語る篤也(あつや)。 その声を聞くと、直規(なおき)は胸を締めつけられる心地がする──。 若手人形遣いの直規は、篤也の師匠・勘大夫(かんたゆう)のもとに、 ある事情から一時的に身を寄せることになった。 篤也とも一緒に暮らせば、彼の声に緊張しなくなるかも、と思う直規だったが、 桜舞う相合坂(あいあいざか)を二人で降りた夜、 胸のドキドキの正体に気付いてしまい……? 文楽の世界ではんなり花開く、浪花の恋のものがたり


文楽もの。
ボーイズラブでなかったら、三浦しをんさんが文楽ものを書いているが、BLでは初めて?
私が知らないだけかもしれないが〜。


web拍手 by FC2


歌舞伎は年に数回観ますが、文楽に関しては生でみたことがありません。
テレビで観るくらいです。
しかし、こういうシチュエーションの小説を読んだからそう思うのかもしれませんが、文楽っていうのは共同作業なんだなあと思ってしまう。
単なる人形を人形遣いと義太夫節と三味線弾きによって、命を吹き込む…。
どれが欠けてもだめという…。
ホモでも、ホモでなくても萌えるシチューション?

結構、説明不足なこともあったような気もするが、伝統芸能ラブなんで、そこらへんをスルー。
また、人形遣い同士とか(ひとつの人形を3人で動かすようです)、義太夫節と三味線弾きとかでなく、人形遣いと義太夫節という組み合わせが良かったかも。
いや、別な組み合わせでもいいけれど。

どこがどうとか云えないし、単に文楽という世界が良かったのか…。
とりあえず、和物が好きなんでねえ〜ってことなのか…。

しかし、この話。
表題作が雑誌に発表されたのは11年ハル号ですか…。
この1年で文楽の周りも変わったような〜。

まあねえ…。
私は大阪の人間ではないし、興味がない人間にとっては単なる人形をつかった劇だろう…。
予算には限度があるだろうし…。
とは思うのだけれど、あの市長がああいう対応をするのは、単にあの市長が文楽に対して、というか伝統文化に造形がないからだろう…としか思えないからさあ…。
某事務所のタレントの生活保護に関しては何もコメントなし。
岡山県の問題だから、大阪市長はコメントしないのかもしれないけれど…。
でも、偏っているよなあ〜と思ってしまうのよね。
正直、自分に投票権があったらどうしたでしょうね〜と思うのですよ。
いろいろな考えはあるかと思いますけどね…。

すみません、連日の寝不足で支離滅裂です…。
この意見に反論がある方はいらっしゃるかと思いますが、一意見として、反対でもスルーしてください…。
ごめんなさい…。
2012.06.12 Tuesday 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 青坂高校シリーズっていうらしいが、今後も続くの? | main | 「ポケットに虹のかけら」著者:久我有加 イラスト:陵クミコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:43 | - | - |