<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ふくろうくんとカレ」著者:山本小鉄子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
この春、テレビ東都に就職したばかりの梟(ふくろう)は、新人アナウンサーとしてプロ野球界のイケメンスター、白鳥麗一に密着取材をすることに。
がんばるぞと気合いを入れたその翌朝、目覚めると、隣には全裸の白鳥が寝ていたから大変!
オレ様でわがまま白鳥と、まじめでヤキモチやきなふくろうくんの恋が始まる♥

『チュチュンがチュン』のスピンオフ作品。
別に読まんくてもわかるかな?
だって、私1巻は読んだけど2巻は読んでいないもの…。
でも、わかったよ。


web拍手 by FC2


『チュチュンが〜』の感想を読んでみればわかると思うが、2巻を買わなかった理由としては、主人公たちに感情移入出来なかったから…。
気にならないでもないが、まあいいや〜と2巻は未読のままです。

だから、このコミックはどうしようかなあ〜と思ったけど、他に買う本がなかったし…。
そして、イマイチ萌えがなかった『チュチュンが〜』のなかで、一番愛すべき人物は白鳥なのかも…と思っていたけど。
頭悪そうな噛ませ犬というか…。

『チュチュンが〜』よりはキュンはあったかな〜。
でも、一体いつから白鳥くんは梟くんに対して本気になったんだ?
だって、きっかけは酔ったときに側にいたからでしょ?
好みでもなかったのでしょ?
据え膳喰わぬは〜ということで、なんとなくいただいちゃったわけでしょ?
そんなに、梟くんって名器なのか?
グラドルとかモデル風美人複数よりも梟1人の方をとるのか?

初めは遊びで…と思っていたのだけど、梟くんの一所懸命ぶりにいつの間にやら絆されて…というのなら納得出来ないこともないけどさあ〜。
まあ、きっと名器なんだろう…。

チュンやタカも出てきました。
何度も言う通り、2巻を読んでいないので、このトライアングルがどういうふうにカタがついたかは知らないのですが、振った相手に気安く声をかけるチュン…。
しかも相手チームのユニフォームを着ているくせに…。
やっぱり天然…。
そして、タカの所属チームは有望選手が男と入籍するのを許したのか?
っていうか、マスコミは?
というか、梟自身、マスコミの人間じゃん!!
硬派なニュース番組は男同士の入籍は取り合わないのか?
それとも、ここは日本のようで日本でないアナザーワールドホモ王国ミラクルジャパンのプロ野球の話だったのか?

面白かったけど、突っ込みどころは満点だった…。
2012.07.07 Saturday 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 秋葉東子さん2冊 | main | 「火曜日の狂夢」著者:夜光花 イラスト:稲荷家房之介 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:20 | - | - |