<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「愛を囁くピアニスト」著者:花川戸菖蒲 イラスト:鈴倉温

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
配達先で、麗しい王子のような桜若に一目惚れした生花店の北川。
「町のお花屋さん」である、自分のフラワーアレンジメントを気に入ってくれたのも嬉しかった。
仕事を依頼されて桜若が人気ピアニストだと知るが、北川にとって彼は可愛い魔性の男でしかない。
煽ってはぐらかす桜若に翻弄され、気持ちは高まるばかりだった。
そして晴れて両思いに! ところが、桜若はバリタチで……!?

花川戸さんの新刊。
なんか私の読むこのかたの作品は、どうも受けの将来が心配になることが多いというか…。
そういう作品だけではないのは知っているが、どうも読む本読む本…。


web拍手 by FC2


思わず、主人公の花屋さんの跡取り息子である北川くんに対して、

「逃げて〜!!逃げて〜!!この男はあなたの手には余るから〜!!」

と叫びたくなった…。
とりあえず、落ち着いたらしいが、読んだ後もなんか心配…。
だって、恋愛に対するスタンスが違うんだもの…。
2人を取り巻く環境も違うし…。

桜若はその取り巻く環境に付いて考えているのか考えていないのか…。
とりあえず、桜若がどんなひととか気にしない北川が新鮮で、そういうバックグランドを見ずに自分自身に興味を持ってくれたのは嬉しかったのだろうとは思うけどね。

しかしだなあ、経験値が余りにも違うというか…。
百戦錬磨のフェロモンで、ちょっと奥手で純情な年下の男を翻弄し、さらには…。
いやあ…、お見事ということなんだろうけど、北川には逃げて欲しかったというか…。

だって、何度も云うように今後が心配なんだもの…。
ライバルは多いし、そういうシンパに対しての桜若の対応がちょっと普通の感覚ではないし…。
北川くんが開き直らない限り、心配の種はたくさんあるというか…。

とりあえず、北川は桜若の言葉にあまり振り回されず、スルーすることを覚えたようだから、まだいいのかなあ〜。
マネージャーは味方のようだし…。
っていうか、マネージャーの叶さんは桜若が北川と上手くいくことを望んでいるだろう。
常識あって、我が侭をいう桜若を叱り、仕事へと向かわせたりとする北川だからさあ〜。

とりあえず、北川くん、頑張って…という作品でした。
町の花屋さんだって、立派なお仕事だよ!!

しかし、花のフェロモンから決まっていた運命というか…。
ある意味ファンタジー?
しかし、桜若の非常識な性格により、そういう印象はぶっ飛んでしまった気はする。
2012.07.15 Sunday 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「loveholic~恋愛中毒~」【新装版】全2巻 著者:川唯東子 | main | 「恋する時をかさねて」著者:名倉和希 イラスト:小路龍流 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:40 | - | - |