<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「チェックインで幕はあがる」著者:秀香穂里 イラスト:高久尚子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
一流ホテルに纏わる黒い噂を暴く――新進フリーライターの唯(ゆい)は、ホテルの支配人・沖田(おきた)の秘書見習いとして潜入取材をすることに!! 
トップの風格を備えた精悍な風貌と、大胆に改革する才能――沖田と行動を共にするうちに、強烈に惹かれていく唯。これは単なる好奇心かそれとも…!? 
ところがある日「おまえの正体はわかっていた」と沖田に無理やり犯されてしまい…!? 

8年前の作品ですか…。
小冊子の対象でなかったら買ってないとは思うよ…。


web拍手 by FC2


年に一度のキャラの小冊子フェア…。
毎年何を買うか悩みます…。
またさあ、他の出版社と違って、読者の動向を知っているというか(色々サーチしているみたい…)、上手い具合に小冊子のラインナップが分散されているのよね…。
毎年、毎年、全部手に入れたいと思わせる分散ぶり…。
そして、文庫3冊、コミック3冊を買うはめになるわけで…。
しかし、これが毎年悩む。
昨年あたりから、いい加減に学習したので、ちょっと気になるくらいでは新刊を購入しないようにしました。
だって、全部持っているよ…と泣くことがあったから…。
しかしながら、やっぱり悩むことが多い。
だって、小冊子にショートを書いている作家さんは人気作家さんで、そういう作家さんの新刊はすぐ読みたいもので…。
で、それが対象〜。
2冊持っていろというのでしょうか…。

さて、しかしながら、今回『大人同士』のショートで小冊子の方に参加の秀さん。
でもフェア対象の本は8年前の作品でした。
読んでないよ。
ということで即買い…。

何度も云うようだけど、8年前の作品…。
つまり、結構昔の作品…。
だからかなあ〜、なんとなく中途半端というか、もうちょっと面白く出来たのではないかと思わないでもないような…。
男前同士の駆け引き的な話なんだけど、なんとなく、展開が唐突というか…。
もっと、ジワジワと大人の言葉遊び的な駆け引きがあってもよかったのでは?と思わないでもないような…。
あと、ラストも唐突だった。
悪くはないが、現在の秀さんなら、もっと面白くしてくれたのではないかなあと思ったり。
とりあえず、挿絵の高久さんは8年前の方が丁寧で繊細な絵を描いていたと思うけどね。
これは、8年前の方でよしと思う。
2012.07.20 Friday 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「裏を返せば…! 」著者:栗城偲 イラスト:梨とりこ | main | 「ミステリー作家串田寥生の考察」著者:夜光花 イラスト:高階佑 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:15 | - | - |