<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「あめのちはれ」6巻 著者:びっけ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
男子と女子の気持ちが両方わかるようになった葉月の恋心は!?

入学式の日に落ちた激しい春雷をきっかけに、特異体質となってしまった葉月たち5人。
雨が降ると身体が女子に変化してしまうため、おちおち恋愛もできない!
状況を打破すべく動き出してみたものの、手がかりはなかなかつかめず…。
そんなある日、突然の雨に降られ、男子寮内で女子化してしまった葉月。運悪く、寮長に目撃されてしまい――!?
名門男子高、雨谷学園を舞台に織り成す、男女入れ替わり群像劇、恋愛模様交錯する、第6集!

今まで取り上げていなかったのに、いきなり6巻の感想でもないだろう…と思うけれど、ちょっと予想外展開してまして…。


web拍手 by FC2


掲載誌はほとんど読んだことがありません。
創刊したばかりのころはパラッと読んだけれど、自分の好みではないなあ〜と思ったから。
乙女のためのゲームマガジンというのですか?
ゲームしないし、ドリーム小説みたいなのは苦手だし…。
でもまあ、この作品はびっけさんだし〜と軽い気持ちで手に取り、なんとなく新刊が出たら買っておりました…。

まさか、6巻になってホモを匂わせる展開が待っているとは…。
いや、BLゲームも取り扱う雑誌なので、こういう展開もありなのかもしれないが、どっちかというと百合っぽいマンガだと思っていたから…。
現に、同級生の女の子に想いを抱いている大人っぽい女の子出ているし…。

今までも、ニアホモっぽい感じはあったことはあったけど…。
あらすじにもある通り、雨が降ると女の子になってしまう男子高校生5人の話であります。
で、その女の子に変身した主人公(実際は男)の正体を知らずに、好感を持つ男の先輩が居たわけで…。
だから、その先輩とうんぬんなら納得ができたのだが(実際、期待していた…)、ココへきて伏兵というか、えっ、コイツが!?という展開。
特異体質になってしまった仲間の一人が主人公に対して…。
つまり、正体を知っているわけなんだよね。
しかも、その仲間のトーマは男の姿だろうと女の姿だろうと構わないようで…。
主人公そのままにもしかして…という展開に。

もはや、この作品は収拾がつくのだろうか?
えっと、6角関係くらいになっていないか?

特異体質の謎は解けないまま…。
5巻でちょっと謎が解けるヒントが出てきたようだったが、今回は全然…。
それこそ恋愛関係のこじれが中心で…。
この調子だとしばらくは続くなあ〜。
だけど、この調子だと男に戻ってもスッキリ終われないような…。
でも、きっとホモはないだろうな…。

2012.08.06 Monday 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「諸行無常というけれど」著者:谷崎泉 イラスト:金ひかる | main | 素敵な肌色多めの紙袋を持ったお兄さんたちのことを子どもに聞かれたらどう答えればいいのでしょうか? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:41 | - | - |