<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「愛の蜜に酔え!」著者:樋口美沙緒 イラスト:街子マドカ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
クロシジミチョウ出身で天涯孤独の里久は、クロオオアリ種の有賀家で世話になっている。次期王候補で片想いの人でもある綾人が病気と知り、治療のため星北学園に編入するが!? 擬人化チックファンタジー! 2012年7月刊。


擬人化チックファンタジーの第2弾。
前作読んでいないのですが、同じ学園を舞台にしていても独立した話なので大丈夫でした。
どうやら、前回の攻めらしい人がちらっと出ましたけどね。
どうやら幸せみたい。
前作ファンはそこらへんがわかって嬉しかったのでは…。


web拍手 by FC2


先ほどにも述べた通り、前作は読んでません。
だって、それが発売された頃って、まだ樋口さんの作品を読んだことなくて、さらに「虫の擬人化!?」
なに、それ?
イロモノ?
と思い、手に取らなかったのよね…。
その後、樋口さんの作品を読み、このシリーズの同人誌も読んで、なんか単なる虫の擬人化ってわけではないのか〜とは知ったけど、毎月大量に出る新刊を読むのが精一杯で、読むことなく…。
そんななか、この作品の発売。
最初は前作読んでいないし〜と思い、買ってなかったのだけど、夏期休暇に読む本がなかったので、手に取ってみた。

単なる擬人化ものではないのはわかっていたのだけど、これは擬人かものとか思うより、「身分差もの」として読んだほうがしっくりくるかも。
色々と虫の特性を生かした設定なんだろうけど、まあ、そこらへんよりも身分差故に引き離され、誤解したままでいた2人が再会し…という話だと思った方がいいと思う。

というか、前作よりもシリアス強めらしいですね。
だから、余計に虫云々よりも引き裂かれた恋人同士とかそういう「悲恋」うんぬんのほうが強く感じたのかも。

この虫の話はもう1作は出るようですね。
とりあえず、またハイクラス×ロウクラスなのかな?
シリアス強めなのか、コメディ強めなのか?
とりあえず、前作読まないとな〜。

2012.08.23 Thursday 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「erotica」著者:榎田尤利 イラスト:今 市子、えすとえむ、円陣闇丸、鬼嶋兵伍、腰乃、中村明日美子 | main | 「塔の下」著者:五條瑛 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:16 | - | - |