<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「HARD TIME ~ DEADLOCK外伝」著者:英田サキ イラスト:高階佑

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
酒に酔って一夜を共にした相手が、殺人事件の第一容疑者!?  しかも自分にその記憶が全くない──!? 皮肉な運命に呆然とするロス市警殺人課の刑事・ダグ。容疑者のルイスは、気鋭のミステリ作家!! 彼の無実を信じたいダグは、先輩刑事のパコと共に真相を追ううちに、次第にルイスへの興味を煽られて…!?

男相手の初めての恋に悩むダグが相談するのは、同僚刑事のユウト。なりゆきでルイスを警護することになった、腕利きのボディガード・ディック。DEADLOCKのキャラクターたちが総出演!! 彼らのその後が垣間見られる、豪華絢爛なシリーズ外伝が登場!! 

『DEADLOCK』の外伝が出るのは嬉しいが、なぜ文庫ではないのか…。
高いよ…。
先月『二重螺旋』シリーズの単行本が出た時は、ファンは大変だなあ〜と人ごとのように思っていたら、今月自分に降りかかってきた。


web拍手 by FC2


なんていうか、Chara文庫15周年の記念企画ものって感じ?
面白いことは面白いのだけど、まあそういう企画的な意図を感じてしまう。
別に『DEADLOCK』と関連しなくても成り立ったと思うし〜。
まあ、シリーズの登場人物のその後が読めたのは楽しかったかな。
一番、でばっていたのはユウトの義兄のパコでしたが…。
パコの後輩刑事・ダグが主人公。
酔って目覚めたら、知らない男の部屋に…。
こういう展開はBLにおいて珍しくないけれど、その相手であるルイスが殺人容疑者というのはそんなにないかな?
まあ、ミステリー要素のあるBLってところですね。
本編の『DEADLOCK』ほどシリアス&ハードではないけれどね。

殺人容疑者から一転して、どうやら真犯人に命を狙われるルイス。
こうなると、一体だれが真犯人かというのがポイントであります。
ヒントが結構あるので、真犯人はこの人かなあ〜と予想はしておりました。
しかし、その予想が外れてくれることを願ってしまった。
結局、その願いは…。

ほんの少しのことで友情もスレ違ってしまうのですね…。
ルイスにとっては悲しい事件でした。
きっと、これは一生彼の心の傷になるのだろう。
殺されかけたことよりも、彼の苦しみに気付いてやれなかった自分の鈍感さに一生苦しむのだろう…。

とりあえず、ダグは一生その傷を癒してやるのでしょう。
初め「自分はゲイでない」とダグが言い張っている時は、コチラの攻めの最初の頃かよと思ったけれど…。
で、コチラの攻めに比べると随分頼りないのだけど…。
まあ、まだ若いし、これから成長?
まっすぐな性格だし、全力でルイスを愛するのではないのかなあ〜。

ラストの方でディック、ユウト、パコ以外のシリーズおなじみのキャラが出てきました…。
あとがきで英田さんが解説していましたが、正直、全プレ小冊子や、書店キャンペーンの後日談番外編を読んでいない人にはどうなのかな〜と思うところが…。
私は大体その番外編は手に入れていると思うのだけど、ドラマCDは買っていないので、その特典とかのショートがあったら読んでないわ。
とりあえず、ロブは新婚生活を満喫しデレデレと脂下がっており、ハンサムなのにしまりのない顔をしているそうだ。
とりあえず、皆幸せのようだ。
ただ、パコの恋は?
彼がダグの恋に最初いい顔をしなかったのは、相手が容疑者だったのもあるけれど、どうしても相手の性別という一線を越えられない自分に対して、越える覚悟のあるダグへの複雑な心境もあったのではないかなあ〜。
パコの恋の決着はそのうちどこかで読めるのかなあ〜。
どうだろう?
コミックと連動している全プレ小冊子に期待か?
個人的にはロブとヨシュアのカップルが好きなので、こちらも出して欲しいなあ。
2012.08.28 Tuesday 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ドアをロックするのは君」著者:鳩村衣杏 イラスト:佐々木久美子 | main | 「RUSH!」著者:橋本あおい >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:05 | - | - |