<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「そしてすべてが動きだす」著者:内田カヲル

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
高校の先輩と後輩が再会し、編集者と漫画家から恋人同士になった坂口と藤代。仕事場を引っ越すことになり、不動産会社に勤める坂口の高校時代の友人・三崎と会うことになったが、藤代は高校時代から三崎のことを苦手に思っていた。その三崎から坂口が昔、漫画家を目指していたが、藤代の存在によってその夢を諦めたことを知らされる。ショックを受けた藤代は――?
シリーズ堂々完結!!&「夢中になっちまえ!」の当て馬ジョエルのスピンオフ収録☆

この、マンガ家×元編集者で今はマネージャーのシリーズも3冊目です。
今回で完結。
でも、BLとしては長く続いたシリーズですね。


web拍手 by FC2


表題作のシリーズ。
雑誌で割と読んでいるのに、完結しているとは気が付いてなかった。
いや、今、忍者みたいな人がでている違う話が雑誌に掲載されているなあ〜なんて思っていたけれど、それはそれ、これはこれというか〜。
また、そのうち、マンガ家さんたちの話が掲載されるのだと思っていた…。

好きなシリーズだけど、完結したなら完結したで構わないのよ。
ただ、そこらへんに全然気が付いてなかっただけ。
自分が鈍いだけじゃないと云われればそれだけなんだけど、個人的にはシリーズのラストらしいラストでなかったと思うのだけど…。
実のところ、2冊目のラストで完結したと思っていたのだよ。
家族カミングアウト編ね。
これが完結なんだろうなと思っていたら、続いていた。
確かに、二人で夢を追うという展開もラストっぽいけど、なんか、個人的にはカミングアウトのほうが重大っぽくってねえ〜。
先輩って、そんなにマンガ家になりたかったの?
いや、確かに編集者時代はくさっていたけどさあ〜。
でも、藤代のマネージャーとして藤代の作品の手助けをしているときはイキイキとしていたからさあ〜。
そのことが今更出てくるとは思っていなかったというか…。
でも、その話で完結ならわかるのだけど、また1話あったから…。
まさか、あれがシリーズラストとは思わなかったよ…。
まあ、最後の話は余談なのかもしれないけどね…。

だけど、作者としては新しい作品を描きたいのに、人気のあるシリーズだから、そのシリーズを続けさせたい出版社との考えの相違が、今回のラストっぽくないラストに繋がったのではないかなあ〜なんて思ったり。
ほらっ、最近は良く知らないけれど、20年以上のジャンプのマンガって、人気の作品は無理矢理続けさせていて、そのせいで物語に破綻がみえてきて、読者がそれをキャッチして人気がなくなり、打ち切り〜。
おかげで、最後が中途半端…。
っていうのが多かったからさあ。
そこまで酷くはないけれど、なんとなくその展開を思い描いてしまった。
いや、つまらなくなったってことはないですよ。
続くなら続いてもよかったと思うよ。
だけど、完結っぽくなかったなあ〜と思ったからね。

とにかく、新しいシリーズに期待だ。
スーツアクターのシリーズが続いていたみたいに、このマンガ家のシリーズもひょっこり番外編が出たりするかもしれないしね。
2012.10.05 Friday 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「無慈悲なアナタ」著者:桜賀めい | main | 「きみと暮らせたら」著者:杉原理生 イラスト:高久尚子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:58 | - | - |