<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「本屋さんで待ち合わせ」著者:三浦しをん

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
口を開けば本と漫画の話ばかり。『舟を編む』が2012年本屋大賞に輝く人気作家が愛をこめて語りつくした活字と漫画とエトセトラ!

三浦しをんの新刊。
今度は書評集。
「BL以外の小説」カテゴリーに入れたが、別に「小説」ではないのだよね〜。
って、この前のエッセイ集もそうなんだけど…。


web拍手 by FC2


書評集っていうのもあるのだけど、初出掲載が新聞のせいか、やっぱり「よそゆき」仕様。
しかも、新聞だから、短い文字数で紹介しなければいけないという…。
しをんさんと関係なしで、新聞の書評欄というのは、読書好きとして目を通しますよ。
個人的には「日本経済新聞」の日曜の書評が好きだったのだけど…。
もう何年も読んでないが…。
平日は会社がとってる日経読むが、日曜のまで読まないから…。今はどうなのかしら?

でも、実際のところ、新聞掲載のものよりもあとがきである「おわりに」に書かれた最近読んだ本の感想の方が「普段着」仕様で面白かったような…。
特にBLに関して…。
というか、とりあげられたBL本9作品のうち6作品読んでいたから、共感度が高かったというだけかもしれない…。

しかしながら、一番共感を受けたのは「はじめに」の作者の言葉である。

『どうしてこんなに本やマンガが大好きなのか。(中略)ほかにするべきあるだろ、掃除とか洗顔とか、ダイエットとか』

まあ、とりあえず、洗顔はしているが…。
しかし、本日、宮部みゆきさんの『ソロモンの偽証』の3巻目(700ページを超える大作)を読みふけり、やろうと思っていた掃除等をしなかったので、大差ないかと思う…。
確かに、本を読んだり、そしてこのブログをアップする時間を他にまわしたら、もっと色々と出来るような気もするが、もはや、それは無理な話だろう…。

2012.10.13 Saturday 21:19 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 「お参りですよ」著者:山本小鉄子 | main | 「87CLOCKERS」2巻 著者:二ノ宮知子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.05.15 Monday 21:19 | - | - | 
藍色 (2013/10/01 1:54 PM)
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
はーこ (2013/10/03 11:09 PM)
藍色さん、こんばんは♪
今回もコメント&TBありがとうございました。









「本屋さんで待ち合わせ」三浦しをん
口を開けば、本と漫画の話ばかり。2012年度本屋大賞に輝く著者が本と本を愛するすべてのひとに捧げる、三浦しをんの書評とそのほか。 すごい読書量です。目次で活字が大好きな人間の乱読の模様がひと目で分かります。 本についての本、ジャンル分類としては書評本
| 粋な提案 | 2013/10/01 1:51 PM |