<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「女王様と犬」著者:中原一也 イラスト:立石涼

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
ビール会社に勤める庵野は、つらい片想いを忘れるため、一夜限りの出会いを求めていた。
ある日出会った端整な青年・村上を女王様のように高慢に誘惑して喰ってしまうが、後日ライバル会社の社員だと知る。
しかもワンコのようになつかれ、毎日熱烈に口説かれるハメに…。
気づけば片想いの相手より村上のことを考える時間が増えている庵野だったが素直になれない。
だが強引に迫られるうちに、「待て」をしたはずの犬に淫らにむさぼられて!?

ちょっと久しぶりの更新。
昨日、更新しようと思ったら、JUGEMのほうで不具合があったらしく、管理者ページに入れない状態だったので…。
携帯からも駄目だったし…。
って、その前にさぼっていたのは事実なんですが…。
まあ、感想を書こうと思う本もあまりなかったりしたのもあるのだけど…。


web拍手 by FC2


内容的にはタイトルそのまんま。

中原さんの作品にしてはオヤジがいない。
受けが年上だが、オヤジという年齢ではないだろう…。
昔のBLならともかく、今は30代前半はオヤジになりませんよね。

オヤジものは大好物なのだが、ちょっと中原さんのオヤジものには飽きたというか、食傷気味だったといいますか…。
特に、攻めがチョイ悪オヤジの場合。
どこのAVかといいたくなるような卑猥な単語を連発する言葉攻めとか、ねちっこい閨の様子とか…。
班目さんが最初に出た時はとても新鮮でしたが、そんなのも毎回出てくれば、ワンパターンというか、またかと思うだけというか…。
嫌いではないのだけど、やっぱり、ちょっとお腹いっぱい状態。
受けがオヤジで、純情DTでも魔性のゲイの場合もちょっとお腹イッパイ。
そのため、今回は新鮮な気分。

まあ、実際のところ、受けは魔性のゲイのパターンの気はしないでも…。
ただ、攻めが女性とはそれなりに経験はあるようだが、男にどっぷりハマって…。
まあ、わりと卑猥なこと云っているのだけど、それが受けを翻弄するためのプレイの一環でなく、ほとばしる妄想をついつい言葉にしてしまったというか。
経験あるはずなのに、妄想DTのような。
結局のところは、ご主人様大好きなワンコだってことか。
イヌ扱いに怒るどころか、受けの愛犬にシンパシーを覚えるくらいだから。
駄犬なのか名犬なのか?
どちらに転ぶかは、今後のご主人様の教育次第?
飴と鞭を使い分け、名犬に育てるべき受けは努力することを願う。

しかし、この作品って、一応『ロミジュリ』設定でもあったのよね〜。
そこらへんも、もっと活かせたら…。
まあ、十分、本人たちは自分たちの関係性に困りながらも楽しんでいるような気がするが。

2012.10.21 Sunday 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「トリガー・ハッピー」2巻 著者:崎谷はるひ イラスト:冬乃郁也 | main | 「そこをなんとか」7巻 著者:麻生みこと >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 15:04 | - | - |