<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「チープ・フィルムス」著者:石原理

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
一瞬で心を奪われた。
その切ないほどの美しさに。

カジノオーナーの鷹尾(たかお)は、ヤクザの大物組長から目の見えない息子・椿(つばき)のことを頼まれる。
そして、組長の突然の死。
義母(はは)に疎(うと)まれている椿を守るため、敢(あ)えて彼を誘拐(ゆうかい)する鷹尾だが……!?

「LOVE or LOST」、「LOVE or LOST 〜チープ・フィルムス〜」
「恋しいひと」「バレちゃいますよ!」「よるのくに」そして描き下ろし「THE DAY AFTER」を収録。

石原さんの新刊。
2ヶ月連続ですね。
やっぱり、石原さんの描く男たちはカッコいいですね♪


web拍手 by FC2


この前でた作品で、石原さんの高校生ものもいいなあ〜と思ったけれど、やっぱり成熟した男たちの話は格別。
溢れるフェロモンというか〜。
もう、本当に「雄」って感じ。
「男」でなく「雄」なんだよねえ〜。

まあ、「オスオスしい」のは表題作のシリーズで、他の掲載作はそこまでではなかったけど。
でも、全ての作品にいえることは登場人物の関係性?
絶妙なんだよね〜。
ラブラブとは云いがたい関係性が多いのだけど、もうその微妙であり絶妙である関係性に乙女たちは心惹かれるのだと思う。
特に表題作のシリーズはねえ〜。
攻×攻?
というよりも篤い男の行き過ぎた関係っていうかねえ〜。
対等な男同士の絶妙な駆け引き。
石原節満載の表題作でした。

他の作品は芸能人の話以外はちょっと前の話。
とりあえず、ページ数が集まったから1冊にまとめたってことかなあ〜。
個人的には表題作の2人の話がもっと読みたい。
あとがきによると、気になる人は編集部までリクエストをとのこと。
石原さんとしては、まだまだこの2人の話のネタはあるってことかな?

2012.11.07 Wednesday 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「恋とセンチメンタリズム」著者:橋本あおい | main | 「ヘブンノウズ 足跡」著者:英田サキ イラスト:奈良千春 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:13 | - | - |