<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恐竜とハツカネズミ」著者:七地寧 イラスト:蓮川愛

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「T-レックスみたいだ」生命工学の研究室で、いきなり。
なんだ? このいきものは。
だが黒黒と濡れた瞳の奥、何かおそろしく綺麗な意志が見えそうで――。
ラルフ・アシュクロフトの生家は化学工業で財を成し、製薬・バイオテクノロジーと事業を拡げている。
彼は、家が望むまま辣腕をふるい成果をあげてきた。
満ち足りる事もなく。そんな時、誰とも違う留学生、鷺山幹久と出逢い、惹き込まれていく。
ラルフは彼を紳士的に口説き、攫うように同居を始めるが!? 書き下ろし。

お久しぶりの七地さんの新刊。
まあ、新書のストックがなくなり、書き下ろしになったので、今回は間があきました。
今後もこの調子かな?


web拍手 by FC2


以前から、七地さんの作品は執着攻めかこれって恋愛?と疑う二極に別れていると思ってました。
今回は後者…。

もうね、読んでいる途中からこれって、そういう展開にいかないのだろうなあ〜なんて思っていました。
七地さんの作品だからってのもあるのだけど、攻めだと思う方にこうオスとしてのフェロモンが感じなかったというか〜。
受けだと思う方に手を出さないというのは置いといて、女性に対しても特にそういうことがないのがね…。
もしかすると、どこかで美しい女性とランデブーしているのかもしれないが、私はそれをキャッチできなかった。
もうね、才能はあるかもしれないが、生活能力が低い受けの世話に明け暮れているのですよ。
そういう攻めっていうのは珍しくないですよ。
オカンタイプっていうかなあ〜。
でも、普通はそれは受けへの溢れる愛が原動力になっているというのが、BLとして正しい展開だと思うのだけど、今回はそこらへんを感じない。
といっても、別にラルフは世話好きってわけではないと思う。
これが幹久以外の人間だったら、ここまで面倒みていないと思う。
これも愛なのかなあ〜。
愛なのかもしれないが、それは「恋愛」でなく、「家族愛」?
もしくは「人間愛」みたいな…。
もうこのひとたち、恋人をすっ飛ばして家族になっちゃってるよ〜と思ったのであります。
作品中にBLとしての正しい恋愛関係にいきませんでしたが、その後もないのではないかなあ〜とか思ってしまうくらいだよ…。
まあ、ちょっとした切っ掛けでそういう展開をしないでもないとは思うのだけど、どうだろう。
七地さくんのこのシリーズのなかでも色気というものが特にない作品だったなと個人的には思ったよ。

一応、コチラの事件と少し関連していました。
個人的には蛇足のような…。
というか、幹久が同じ高校出身というだけのひとにそこまでするのかなあ〜なんて思ったり。
というか、研究以外は何もできないイメージがあったのでね。
まあ、後輩のために講演したりするから意外と出来る子?
そこらへんもイメージが違ったのだけど。
まあ、このシリーズって、キャラクターの印象がズレまくることは多いからな。
今に始まったことではないのかも。

2012.11.18 Sunday 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「裏の祠の狐憑き」著者:せのおあき | main | 「nez [ネ] 」著者:榎田尤利 イラスト:湖水きよ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:41 | - | - |