<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「nez [ネ] 」著者:榎田尤利 イラスト:湖水きよ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
鷹目 兆。公安調査庁勤めの経験もあるエリート様。
嫌いな言葉は「空気を読め」。趣味は預貯金。
性格は神経質で潔癖で空気が読めない。
煙草は大嫌い。
燕 千里。女の子のうなじとおっぱいとお尻が大好き。
勘がよくて、だらしなくてうるさいお調子者。
愛煙家。ある特異体質持ち。
まるきり正反対の鷹目と千里が出会ったのは、
相性診断サービス会社CAS。
相性は最悪で最高なふたりが相棒を組むことになったが!?


榎田さんの新刊!!
発売日に購入したのに、読むまで時間がかかりました。
いや〜、待望の新シリーズなので、片手間に読んではイカン!と思い、読むまで時間がかかりました。


web拍手 by FC2


タイトルはフランス語で「鼻」というらしい。
調香師なんかはその称号が与えられるらしいが、今回の登場人物の鼻はそういうのを超えているというか〜。
特殊能力といえば、聞こえがいいが、いろいろと大変そうだ。

さて、新シリーズです。
実際読むまでに私は2つ大きな勘違いをしておりました。
まず、カバーイラストをHPで見たとき、受けは18歳くらいの少年なんだろうと思っておりました。
まあ、格好が若者仕様ですからね…。
18歳はなくてもせいぜい20代前半?
だから、年の差もの?と思っていました。
実際は30代の同級生…。
童顔かもしれないが、ちょっと34歳には…。
勘違いした人は他にもいると思う…。

あと、もうひとつの勘違い…。
あらすじを読んだとき、主人公2人は一見、正反対なのに、相性診断で最高とでてバディを組むことになったのだと思った。
そう勘違いしたため、「これって、『青の軌跡』のパターン!!?」と思ったり。
性格正反対で反発し合うのだけど、コンピューターは相性バッチリと診断し、その診断っていうのは閨においても例外でなく〜。
まあ、あながち間違っていないのかなあ〜。
コンピューター等が診断したわけではないけれど…。
自分たちの相性を診断したのは嗅覚?
第五感がものをいう。
ある意味、それはより良いパートナーを得ようという本能ゆえ?
子孫を残せない同性同士では、その本能が良い選択をしたのかは疑問だが、それはBLというファンタジーだからね!!ってことで。

しかしまあ、物語はまだ入り口。
本能(?)のまま、関係は結んだもの、そこは勢いというか〜。
BLとしてはどうなのか?ってことですよね。
あくまでも「LOVE」がないとね。
ということで、今後の「L」展開に期待。
訳あり外国人女性の過去なんかも絡んだりするのかな?
とりあえず、今後の展開に期待したいと思います。


2012.11.19 Monday 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「恐竜とハツカネズミ」著者:七地寧 イラスト:蓮川愛 | main | 「恋とは呼べない」3巻「愛とは言えない」4巻 著者:榎田尤利×町田はとこ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:29 | - | - |