<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「きのう何食べた?」著者:よしながふみ(モーニング12号)

BLではないけど、よしながふみさんの作品だし、主人公はゲイのカップルなので、BLにカテゴリーしました。
しかし、『フラワー・オブ・ライフ』が終わったと思ったら、青年誌進出ですか?
ノリにのっている漫画家さんの一人ですね。

拍手する

東京にいる姉から今回の連載を教えた貰った。
姉「よしながふみがモーニングで新連載らしいよ」
私「青年誌ですか。どんな話なんですか?」
姉「ゲイのカップルがひたすら食事をする話らしいよ」
私「モーニングなのに、ゲイ?」
姉「『愛がなくても喰っていけます』の男同士版なんでは?」
私「モーニングって間口広いけど、青年誌なのにゲイカップル…」
姉「まあ、さすがに濡れ場はないでしょう」
いや、お姉様、私が思うに同人誌の方でそのカップルの濡れ場中心のマンガがでるような〜
まあ、姉が見ることはないだろう…。
コミケに行った時、買うことを命令されない限り〜。

まあ、そんな会話が月曜にあったわけです。
で、早速、チェック。
このマンガはお腹が空いている時には読んではいけません!!
よしながさんの描かれる食べ物が美味しそうなことは今さら語るまでもないのですが、本当にお腹が空いている時に読んだら大変です。
昼食を食べた後、コンビニでチェックしたので、良かったです。それでも危ない、危ない。
ちなみに今日のお弁当は、ほうれん草と豚肉の中華風炒め、茄子の揚げ浸し、きんぴら蓮根、カボチャとクリームチーズのサラダとプチトマトでした。
いつも、我ながら思うのですが、自分の作る食事はなんで全体的に茶色いのでしょうか?基本的調味料が醤油、砂糖、塩、みりん、酒なので、同じような味になります。それに基本が酒の肴系なんだよね〜
今回の主人公が自分のパートナーの作る食事を同じような味と云っていたけど、私のもまさにそう…。
色々バリエーションをつけようとは思うのだけど、ついつい同じような味付けに〜。
う〜ん。このマンガに出てくる料理を今後参考にしたいです。
しかし、月一連載。
見逃さないようにしないと〜。
だけど、わざわざ、青年誌でゲイカップルを主人公にしたということは、今後なんらかの理由がでてくるのでしょうか?
今回は、登場人物の顔見せだけだった印象です。
とにかく、今後に期待です。
2007.02.22 Thursday 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「WELL」著者:木原音瀬 イラスト:藤田貴美 | main | 「交渉人は黙らない」著者:榎田尤利 イラスト:奈良千春 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:33 | - | - |