<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「不埒なファシネイション」著者:崎谷はるひ イラスト:タカツキノボル

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
名執真幸は恋愛に不器用な恋人・真野直隆と同棲している。
自分が同性愛者であることがバレて絶縁していた家族とは、直隆の説得で修復されつつある。だが同時に、兄の子どもを見て彼に『家族』をあげられないと今更に思い悩む真幸。
また、悩みを一人で抱え込み直隆を頼らなかったことで「わたしには心を許していないのか」と、彼を傷つけてしまい…。
大人気不埒シリーズ短編集!!

いつの間にやら、大人気シリーズ。
まあ、5作もでるなら、大人気シリーズだろう…。


web拍手 by FC2


その大人気シリーズ。
3組のカップルが成立しました。
今回は。それぞれのカップルの短編というか、中編というか〜。
結構、ペーズ数の差があり?

まあ、一番お気に入りのカップルがメインだったからいいかな?
私だけでなく、多分世間様でも一番人気だと思うけど…。
でも、兄のスットコドッコイが足りなかったなあ〜。
真幸目線だったから仕方ないかなあ〜。
だって、フィルターかかっているもの…。
ラブという名のフィルター…。世間一般では変な人としか云えない直隆さんですが…。
番外編というか、コチラの裏話。
表題作は、前作に掲載するべきだったのではないかな〜なんて思ったり。
それはそれでもの凄いページ数になってしまったけどさあ…。
とりあえず、あのころアチラではこんなことがあったのね…ということがわかりました。
あと、日比谷後日談も。
3組目は正直云っておまけ?
攻めの度量のおかげか、一番安定している。
っていうか、あとの2組の攻めがどうしようもないからかもしれないが…。

とにかく、なんとなく気になっていた問題は今回で解決?
これがラストなのかなあ〜。
兄さんは気になるけれど、続くってことは真幸がネガティブモードに入ってぐだぐだして、他のカップルにも迷惑をかけるというパターンだからなあ〜。
今回でラストでいいのかも。
もうちょっと、直隆兄さんのスットコドッコイぶりは読みたかったけどね…。

2012.12.14 Friday 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「喪国」著者:五條瑛 | main | 「ストロボスコープ」著者:ヤマシタトモコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:43 | - | - |