<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「不埒なおとこのこ」著者:栗城偲 イラスト:鈴倉温

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
俺の舌、かみかみしたの覚えてない?

官能小説編集者の鈴浦は、ホテルで目覚めて愕然とした。全裸であらぬところが痛い、そして隣には年下の小説家・柊が寝てる!? 彼の背中に縋って揺すぶられた記憶に蓋をして、なかったことにしたい鈴浦だったが、その素っ気ない態度にしょんぼりする柊に罪悪感が募る。おまけに無邪気なのか確信犯なのか分からない、意味深な彼の言動に翻弄され、不覚にもときめいてしまい……。

タイトルに「おとこのこ」とあるから、所謂「男の娘」の話なのかと思ったけど、そちら方面ではありませんでした。
まあ、そちら方面の話だったら買ったかどうか…。
あんまり、そちら方面には興味ないのだよね〜。


web拍手 by FC2


官能小説編集者と高校生作家の話。
えっ、高校生のくせに官能小説書いているのか?
許されるのか!?
と心配したが、さすがに官能小説家ではありませんでした。
少女小説家でした。

プラチナ文庫の栗城さんの作品でオタク要素のキャラクターが出てくる話は過去にもありましたが、これもそういっていいのかな?
受けである鈴浦が自分はオタクだオタクだとイケメンさわやかリア充男子である攻めに対しての妬みからそう自虐的に称しているから…。
恋愛に疎くて、妙に耳年増…。
なんせ官能小説の編集者さんだから〜。
っていうけれど、あんまりそう思えなかったなあ〜。
昨日とりあげた作品の感想でギャップが足りなかったと述べたが、これもそうだな。
昨日の作品よりももっと弾けたほうが面白かったと思う。

オタクというよりは、編集者という割と服装が自由そうな職業の割にはスーツをきっちり着ている真面目くんって感じ?
DTこじらせて妄想が激しいのかもしれないけど、さほどそういうシーンがなかったからねえ〜。
もっと、日頃妄想ばかりしているなどの描写があれば、攻めの柊の「理想のデート」に対して「不倫温泉旅行」と語ったり、女性のお尻について語ったりするシーンが面白くなったかもしれないが、そういうところがなかったので、攻めだけなく、読者も鈴浦のトンチンカンの受け答えが突然過ぎてポカーンって感じだった。
読者はそういう鈴浦のオタクなところを知っているような話の進め方をしたほうが、柊の戸惑いを楽しく読めたような気がする。
スレ違いというか、二人の噛み合なさを楽しむといいますか〜。

後半の後日談で、攻めのギャップは感じられたけど、受けは相変わらず真面目くんってイメージだった。
オタク要素がイマイチ足りない。

っていうか、鈴倉さんの可愛くて清潔感あふれるイラストだと、本当に鈴浦がオタクに見えないのよねえ〜。
いや、オタクに見えないオタクもいるけどさあ〜。
攻めはそうなんだろ?
一見、チャラいイマドキ高校生なのに…ってやつ。
まあ、攻めはそういう設定なんだからいいけど、受けはもうちょっと見た目は野暮ったくてもよかったかなあ〜。
可愛らしい話だったのですけどね。
でも、ちょっとインパクトに欠けたかな?
2013.02.14 Thursday 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「厄介と可愛げ」著者:渡海奈穂 イラスト:橋本あおい | main | 「今夜も先生が眠らせてくれない」著者:鳥谷しず イラスト:宮沢ゆら >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 00:00 | - | - |