<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「喧々GOGO!」著者:大和名瀬

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
高校2年生のイケメンなおバカさん・篤志(あつし)と、 成績優秀なおチビさん・俊介(しゅんすけ)。会えば必ずケンカが始まる二人が、親の再婚で兄弟に!? ところが、親睦旅行中に「(親が)結婚したら、一緒になろう」と、篤志から突然の告白!? 俊介は、なんだかプロポーズされた気分になっちゃって!? そのほか初期作2本も収録!

大和名瀬さんの新刊。
大和さんの作品の感想も今まで買いていなかったのね。
いや、読み出したのってココ数年だし…。(いや、でも『無口な恋の伝え方』くらいからは読んでいるけど…)
今回収録の初期作品の頃は読んでませんね。


web拍手 by FC2


何で、昔の作品を読んでいなかったかというと、ショタ傾向な作家さんのイメージがあったから…。
だから、なんとなく読まずにおりました。
最近は社会人同士の話が多くなったかしら?
例え、高校生にしか見えなくても一児の父である社会人の受けとかなので、大丈夫かなあ〜。
今回は高校生同士ですが。

雑誌掲載時に読んでおりましたが、私はもっと長い話になるのかなあ〜と思っておりました。
前後編でちょっといい雰囲気になって、シリーズ化するものだと思っていたら、あっさりと前後編で結ばれてしまいました。
親の再婚で兄弟となった同級生。
今までクラスが一緒でも接点がなかったのに、今はひとつ屋根の下…。
もっとね、男同士だからとか、兄弟だからとか、もし両親がそのことを知ったら…とグルグルと悩むのだと思っていたのですが、あっさりとくっつきました。
いや、受けはグルグルしようとしたのですよ。
当然ですよ。
障害が多すぎるのだから…。
でも、攻めが単純というかバカというか、そういう受けのグルグルを「好きなんだから」という気持ちだけで一掃してしまった…。
いや、こういうのを「大物」というのかもしれない。
家族のことは悩みのひとつのかもしれないが、あの両親だったら「仲が悪いよりはいいわ〜」とか云って容認してしまいそうな気がする。
とりあえず、今後も受けがグルグルしても攻めがある意味丸め込んで上手くいくのかなあ〜って気がする。
だけど、攻めはハンサムなのに女関係が派手とかではないようだなあ。バカだから、すぐ振られたりするのかしら?(笑)

この話は完結しているとのことだが、個人的には後日談が読みたい。
まあ、もう出来上がっているので、短い話でいいのだが。
全プレ小冊子とか、夏のフェアの小冊子とかあたりで出ないかなあ〜。
同人誌でもいいから出してくれないかなあ〜。

同時収録は10年前の作品。
絵も結構変わりましたね。
なんとなく、今の絵柄のほうがスッキリしているかな?
2013.02.17 Sunday 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「望むべくもない」著者:まさお三月 | main | 「僕の愛する執事へ」著者:秀香穂里 イラスト:高崎ぼすこ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:58 | - | - |