<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「僕の愛する執事へ」著者:秀香穂里 イラスト:高崎ぼすこ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「お帰りなさいませ、ご主人様」
その日、出版社の営業部に勤める葉鳥が、疲れた身体でアパートに戻ると、燕尾服を纏った美貌の男が恭しく彼を出迎えた。
驚く葉鳥に男は九識と名乗り、存在も知らなかった遠縁である大富豪の遺言状を彼に手渡す。
そこには、執事である九識を遺産として葉鳥に相続させる旨が書かれていて……。
独り暮らしの狭いワンルームには不釣り合いな謎めいた執事に甘やかされ、淫らな悪戯で翻弄される日々に、初めは戸惑っていた葉鳥だったけれど──!?

ある日、家に帰ったら、美貌の執事が…。
普通は疑うよなあ〜。
秀さんの初のSHYノベルズ。
着地点が予想と違っておりました。



web拍手 by FC2


秀さんの作品で出版社と云ったら「央剛舎」なんだね〜。
ちょっとしたところが気になった。
今回の「央剛舎」の社員は編集者でなく営業さんだったけど…。
時田さんはもう編集に移動しているのだよね〜とか思ったり。
わかる人だけわかればいいのかな?

突然現れた執事に対して翻弄される葉鳥。
執事が攻めなら普通は下剋上ラブとかなんだけど、今回はちょっと違う。
慇懃無礼な態度で主人を翻弄するというのはいいのだが、ちょっとこの執事さんはなんか違う…。

大富豪の遺産として執事も遺産として受け継ぐってのは置いといて、実際はこの執事が本当の相続人でないの?とか最初のほうで思っていたのですが、それをさらに上回る展開でした。
っていうか、それに気が付かないくらいの見事な執事ぶり…。
執事の仕事も完璧ってほど、何事に置いても優秀ってことなのかなあ〜。
とあるハンデはあるけれど…。
まあ、そのハンデが根底にあるから色々と悩んで、そういうときに受けに出会って救われたために、ずっと受けのことを想いつづけたのだろうけど、この設定は必要だったかなあ〜。
ちょっと色々ありすぎた気がする。
まあ、そういうハンデも乗り越えて幸せになれるならいいのかな?

とまあ、主人公たちについては正直云って歯切れの悪い感想です。
だって、脇役のほうがときめきましたから…。
最近、オタクキャラのBLを立て続けに読みました。コレとかアレとか…。
でもさあ、今回の脇役の本屋の店員が一番ヒットだったな。
ヒットていうか、一番共感できたというか〜。
好きなものを熱く語るところとか、本当はわかっていない連中が自分の領域を侵そうとする時の不快感とか…。
私もコノとき怒っていたし…。
儲かるとかはやっているとかでわかっていない連中がこちらに関わろうとするのが嫌いなんだよ〜。
最近の若いオタクの属性は知らないけれど、今回の脇役が一番共感できたのだよ。
で、その本屋店員と受けの先輩の話はあるの?
フラグはたっていると思うのだけど〜。
しかし、央剛舎って素敵出版社?

2013.02.19 Tuesday 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「喧々GOGO!」著者:大和名瀬 | main | 「10DANCE」1巻 著者:井上佐藤 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:40 | - | - |