<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「NightS」著者:ヨネダコウ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「今一瞬、アンタにむしゃぶりつきたくなった」
運び屋の唐島は、どこか秘密めいていて色気のあるヤクザ・穂積の仕事を引き受ける。
惚れて、探って、騙して、裏切られ……はぐらかされた本心はいつも見えないまま。
黒社会の駆け引きと大人の恋の心理戦は、やがて息を呑む圧巻のラストへ――。
他、笑わない営業マンと整備士それぞれの視点で紡がれる「リプライ」、男子高校生の恋の始まりを爽やかに描いた「感情スペクトル」、描き下ろしも収録した、男と男の感情を精緻に描いた傑作集。

2冊続けて、ヨネダコウさんのコミックが出ました。
って、これって、3冊目ですよね?
一時期、あちこちで描いているかと思っていたら、お仕事をお休みするようになって…。
と思ったら、ある日、某サッカーマンガの同人誌出ていたり…。
まあ、とりあえず、復活したと思っていいのかなあ〜。
もう1冊のコミックが出た作品の感想はスミマセンがパス…(リクエストくださった方がいるので、ちゃんと断っておきます)
2巻っていうか、完結したときに考えときます…。


web拍手 by FC2


もう1冊をパスして、こちらを取り上げたからといって、世の中の方が求めている感想を書くかといったら、また別問題…。
今に始まったことではないけど…。
感想と違った、よくわからないこだわりというかうんちくを延々に語ることもあるのが、ここのブログ…。
いまさら、まっとうな感想ブログになれるわけないというか〜。

で、このコミック。
運び屋×ヤクザ(?)、高校生同士、社会人同士(営業×技術職)とまあ、バラエティにとんでますね〜。
富んでいるけど、カラーが同じような気がするのは私だけかなあ〜。

いや、なんていうか基本は地味な話なんですよ…。
運び屋とかヤクザとか高校生とか、トキメキそうな立場の人間を出しているけど、根っこは地味…。
いや、根っこだけでなく、全体に地味。
ハッキリ云いますが、ヨネダさんの画風はキラキラした感じはないんだよね〜。華があるとは思えない…。

でも、ときどき、色気みたいなのは感じるかも、
石原理さんみたいな?
でも、石原さんみたいに強烈な男(オス)のフェロモンはいまのところ私は感じないのだよねえ〜。
どうせなら、石原さんみたいに骨太にいったらいいのではないかなあ〜。
だけど、気になる作品ではあるのですよね…。
なんやかんやと気になる作家。
とりあえず、再び作品を出してくれるようになってよかった。

でも、個人的にはルチルに掲載していた刑事(叔父)×高校生(甥)の続きが気になっているのですが〜。
コチラのつづきは!?

今のところ、続きがでる雰囲気なし。
このままフェードアウトなのかなあ〜。
っていうか、あれにどういう終着点があるんで?って気も。
だって、攻めである叔父がひとでなしだったから…。

って、全然、コミックの感想書いてない!
いつものこと?
とりあえず、高校生同士の話が一番好きだった。
あれくらい単純な攻めのほうがいいよ。
地味な分、あれくらい能天気なほうがいいというか〜。
他のは、なんていうか余計に暗くなりそうなんだもん。
ハッピーエンドだとしても…。
だって、世の中、くっついても色々あるからね。
2013.02.26 Tuesday 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「世界ボーイズラブ大全」著者:桐生操 | main | レディ・ジョーカーもドラマですか…。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:59 | - | - |