<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「秘めごとあそび」2巻 著者:桜城やや

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
駄菓子屋を営むバツイチ子連れの柊至は、近所の小児科医・佐治から口説かれ、成行きで関係を持つように。自覚なく佐治に惹かれていく柊至だったが、佐治が元同僚という幸久とキスしているところを目撃してしまい…?


本屋で、2巻の表紙を見て驚いた。
だって、あまりにもシュウちゃんの表情が1巻と違うから…。
雑誌のほうをほとんど読んでいなかったので、何があったんだ!!という気持ちでいっぱいでありました…。


web拍手 by FC2


「谷原柊至」という人物の印象が180度変わった巻といってもいいかもしれない…。
シュウちゃんはこちらのほうの脇役としても出ておりましたが、なんていうか飄々としているというか、ちょっと掴めない人物と云う印象。
ある意味、快楽主義というか〜。
楽しければ、気持ちよければいいのでは?とゲイでもないのに男と関係をもってしまうというか…。

だから、小悪魔として佐治先生を翻弄していくのかなあ〜と思っておりました。
いや、最終的には掴まってしまうのだろうと思っていたというか、そうでないと話の展開的に困るだろうと思い、まあそういう遊び人的なキャラが本気になって戸惑う右往左往がそのうち待ってはいるのだろうと思っていましたよ。
ただね、それはもうちょっと先の話だと思っていた。
思ったよりシュウちゃんがデレるのが早かったです…。
まあ、当て馬キャラも登場しているからそういう展開になるのはわかっていたのですが…。
やっぱり、思ったより早かったし、そして何よりも思ったよりシュウちゃんが乙女というかなんというか…。
えらく可愛い反応をするキャラだった…。
もっと、クールな人だと思っていたから、このギャップにはビックリ。
この巻で、どれだけ赤面になっているか?
飄々としていたのはある意味、そういう一面を隠していたためなのかなあ〜。
っていうか、本人が一番驚いているのでは?
己のとまどいっぷりに。
だからこそ、一度は先生との別れを選んだというか〜。
とりあえず、上手くいってめでたし、めでたし。

作品はまだまだ続くようです。
とりあえず、2人の仲は一段落したから、残る問題は周り?
今回の当て馬もどきとか、シュウちゃんの娘ちゃんとか?
元嫁出てきたりするとか?
まあ、3巻のお楽しみ。
1年後かな?
2013.06.03 Monday 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2013年5月 | main | 「ハートの隠れ家」1巻 著者:夏目イサク >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:49 | - | - |