<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「nez[ネ] Sweet Smell」著者:榎田尤利 イラスト:湖水きよ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
犬並みに鼻が利き、女の子が大好きな燕 千里と、俺様でエリートで神経質で潔癖性の鷹目 兆。
噛み合わないふたりがコンビを組むのは、相性診断会社CASだ。
どちらも大嫌いなタイプのはずなのに、勢いで寝たふたりの相性は最高で、お互いの記憶にあの夜が残っていた。
身体の相性はいい、けど、それだけだ。同じ過ちは繰り返さない。
そう思っているのに、あいつのことが気になってしょうがない……!
もう一度確認したくてしょうがない!?
そんなとき、CASに『王子様探し』の依頼が入って!?

やっと、続きがでた〜。
ココ最近の榎田さんの作品は新装版ばかりだったからね〜。
新作は久々の気がする。



web拍手 by FC2



話はね、なんていうか通過点といいますか〜。
2人の仲はとりあえず進展しているのかしていないのか…。
とりあえず、身体の相性がいいことは再確認。
ゲイでない千里にしてみたら、他の男は例え綺麗な顔をしていてもだめなのに、鷹目に関しては問題ない。
なんで、鷹目だけ?
まあ、いいや。
いいにおいするし、気持ちいいし…。
とまあ、色々抗ってみたけれど、最後は開き直るというか本能に忠実になるしかないというか…。
メンタル面が置いてきぼりの状態だが、これも一応進展したというべきなのか…。
とりあえず、「なんで?なんで?」と思いながら気になる存在としていくのかな?
メンタル面も早く伴ってくることを祈ろう。

で、2人の仲は進んだような進んでいないような感じですが、物語としては意味深な描写が…。
これって、千里の本当の父親が絡んでいるのかな?
前巻では登場人物の名前は鳥の名前が絡んでいるんだな〜程度に思っていたけれど、結構意味があるみたい。
特に千里の養父の結婚前の名字の「百舌山」
百舌ってカッコウに托卵されることがあるからさあ〜。
ということは実の父親はカッコウ?
そこらへんの因縁が次巻以降明かされるのかな?
そして、それにどう鷹目が絡むのか?
大鳥兄妹はカッコウに対して闘う気満々のような気がするけれど、肝心の千里本人がどうでるか…。
とりあえず、次巻を待つのみですね。

ところで、あとがきによると今回の本がデビューしてから98冊目の御本らしい。
で、100冊目は秋に出る『交渉人シリーズ』らしい。
99冊目はこのシリーズなのか?
それとも別のもの?
別のものだったら、次巻はちょっと先ってことか…。

2013.06.05 Wednesday 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ハートの隠れ家」1巻 著者:夏目イサク | main | 「セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎」著者:天祢涼 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:07 | - | - |