<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋愛できない仕事なんです」著者:砂原糖子 イラスト:北上れん

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
警視庁、薬物捜査係の刑事・本名は後輩の塚原のガサツさが嫌いだ。
苛つく本名に対し、改める気配のない塚原の態度がまたストレスだった。
ある日一斉摘発があり、事件に関わった男をとり逃がした二人。
手がかりを得るため男の恋人を取り調べていた最中、本名は「あなたってさ、恋愛したことないでしょ?」と指摘される。
言葉の意味を測りかねていた時塚原にゲイバーへの聞き込みに誘われ、出かけていった本名だが……!?


ディアプラス文庫では久しぶりの新刊ですか?
前回がアレかあ…。
今回はある意味正統派BLですね。



web拍手 by FC2

恋人もしくは旦那が刑事だという知り合いはいないが、父親が刑事だったという知り合いはいる。(いや、よく考えたら、最近入籍した会社の子の旦那は警察官だったはず…。所属は知らないが…)
やっぱり大変な職業らしいよ。
まあ、所属部署によっては、ゆっくりと恋愛にふけるわけにはいかないだろうし、相手がそこらへんの事情を理解していなかったら長続きはできないだろうなあ〜。

でもさあ、今回の主人公である本名が恋愛できないのは「仕事」ではなく「性格」だろう…。
いや、もちろん、「職業」も原因のひとつではあるだろうけど、関係を続けようとか、相手のことを想い続けようという努力をしようというところがないのだもん…。
恋愛体質ではないんだよね〜。
潜在的にゲイだったのに、それに気が付かないで女性相手に恋愛しようとしていたのもあるのだろうけど、基本淡白なんだろう。
だって、30過ぎているのに、塚原に指摘されるまではその可能性に思い当たることもなかったのでしょ?
たしかに係長のことは憧れていたのかもしれないけれど、ムラムラしていたわけではないのだし〜。
淡白というか、人生において恋愛がさほど重要でないのだろう。

そういう印象だったために、なんか表題作のラストのほうで塚原のことを好きとか云いだしたのが唐突の気がしてならなかった…。
身体から始まった関係だけど、恋愛体質ではないから、それに引きずられ〜というのもシックリこないというか…。
まあ、小言ばかり行っていたけど、なんやかんやと気に入っていたということなのかな〜。
本名も塚原もカッコイイのだけど、なんかイマイチ萌えれなかった。
感情移入ができなかったのだろうなあ〜。

そんなわけで雑誌で読んでいたにもかかわらず、あまり内容を覚えていなかった作品。

書き下ろしの後半に期待。
うん、書き下ろしは良かったな。
イマイチ感情移入できなかった2人に親近感がわいたというか、前半カッコいいだけだった2人が、いい意味で生々しい感情を表にだしたために作り物っぽかったキャラクターに(いや、フィクションなんだから作り物ではあるが…)、親近感をわくようになったというかなあ〜。
本音を出すようになったのがよかったのかな?

しかし、この本、この作品の後日談のショートと『言ノ葉ノ花』のショートが載ったペーパーがはいっていました。
この2組のカップルの話を読むと、やっぱり恋愛が出来ないのは本名の「性格」によるものが多いと再確認。
まあ、塚原頑張れってことで。

あと、北上さんのイラストは良かった。好みでない方のイラストだったら、もっと評価が下がっている作品だったかも…。

2013.06.12 Wednesday 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「藍苺畑でつかまえて」著者:小林典雅 イラスト:夏目イサク | main | 「SEX PISTOLS」7巻 著者:寿たらこ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:45 | - | - |