<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「花ヶ谷営業所のカレ」著者:天禅桃子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
海外勤務の超・エリートだった赤江は、社内恋愛のトラブルから日本支社に左遷されてしまう。ところが、恋愛ごとに辟易していた赤江を待っていたのは、どんな人でも虜にしてしまうと噂の「魔性」の上司・永嶺で…?

もし俺が本気になったら…この恋は終わりだ。

描き下ろしもあり♥

「魔性のゲイ」っていえば、思い浮かぶのは「小野裕介」…。
あっ、今回の「魔性」は男限定でなく、女に対してもなんだっけ…。
最凶だわ…。


web拍手 by FC2



カバー下のあとがきによると、天禅さんの17冊目のコミックらしい。
ベテラン作家さんだけど、キャリアに対しては少なめ?
だって、ドラコミックとしてはこの作品以来なんでしょ?
そりゃあ、その間、他誌さんからでたコミックとかもあるけれど、多作作家さんではないよねえ〜。
結構、あちこちで連載抱えているけれど、大抵は不定期連載というイメージが…。
今回の作品も忘れた頃に掲載されたという印象…。

雑誌掲載で追いかけていた時は、かなりじれじれした展開の作品というイメージがあったのだが、こうやってコミックとしてまとめて読むとそうでもない?
なんやかんやと1冊で出会い、デキあがり、その後のことも描いてあるのだからさあ…。
じれじれというよりも唐突な展開をしているような気がしないでもないような〜。
受けの行動が読めないから唐突な感じがしたのかもしれない…。
どうやら、この物語が始まる以前に、受けは攻めのことをチェックしていたらしいのだが、読者はそのことを知らないからさあ〜。
攻めが受けに惹かれていくのは読んでいてわかるが、受けの気持ちは???という感じだった。
もうちょっと、そこらへんが描かれていたら…とも思うが、攻め視点の作品だったから、それは難しいかなあとも思ったり。
いや、どっちにしろ面白かったのだけどね。
ただ、もうちょっとじれじれしていたイメージがあったので、こうやって読むと結構あっという間に恋に堕ちて、あっという間に恋人になったような気もしないでもないような〜。
不定期連載というのは、作品の登場人物だけでなく、読者に対しても「焦らしプレイ」になっているような…。
えっ、これも作戦?

だけど、作品で一番印象に残っているのは、脇役女性キャラのイタさだろうか…。
自爆した彼女にもそれなりの幸せが来ることを祈るばかりである…。
あまりにもイタいので「それなり」のものしか望む気持ちになれないが…。

2013.06.24 Monday 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 親不孝でなく、親富孝なのよ…。 | main | 「小さな恋のメロディ2」著者:嶋二 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:23 | - | - |