<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「碧の王子 Prince of Silva」著者:岩本薫 イラスト:蓮川愛

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
南米の小国エストラニオの影の支配者であるシウヴァ家に使える元軍人の鏑木は、シウヴァ家の総帥・グスタヴォから、十一年前に駆け落ちした娘のイネスを捜せと命じられる。
だが、すでにイネスは亡くなっていた。
失意の鏑木の前に現れたのは、イネスの息子・蓮。
鏑木が少年に手を差し伸べたその瞬間、運命は動き出す──!
愛する養父母家族のため、シウヴァの王子として帝王教育を受けるようになった蓮と、グスタヴォの側近として、蓮の守り役となった鏑木。
護り、守られる者として月日を重ねたふたりの間には誰も立ち入ることができない強い絆が生まれ──!?
壮大なロマンスがついに幕を開ける!!

あらかじめ云っておきますが、続いてます。
まあ、あらすじから予想していましたけどね。


web拍手 by FC2



今の段階では何ともいえないといいますか…。
いや、だって、1冊まるごとかけて新シリーズのプロローグだったから…。
謎の美形は意味深なことを云うだけでしたし…。
主人公の運命はこれからどうなるの?
謎の人物は今後どう絡むの?
とりあえず、今回は母親の血筋だけが出てきたけど、父親は普通の人なの?
父親は父親で何かあるの?
というか、父親の研究は物語には絡まないの?
そして、なによりも恋愛のほうはどうなるんだよ!!
まあ、これはなるようになるというか、最終的結果はわかっているようなものだけどさあ〜。
でも、今の段階では恋愛未満なんでなあ…。
ラブが足らんよ!!と思わずにはいられなかったと云いますか…。

とにかく、今の段階では疑問ばかりでありまして…。
とりあえず、蓮川さんの美しいイラストを堪能するしかなかった感じであります。
以後、次巻!!ということで…。


2013.07.08 Monday 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「息もとまるほど」著者:杉原理生 イラスト:三池ろむこ | main | 「好きにならなくてもいい」著者:椎崎夕 イラスト:葛西リカコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:33 | - | - |