<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「夏の夜の悪夢 いばきょ&まんちー2」著者:椹野道流 イラスト:草間さかえ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
なら、お前が俺だけのものだと、とっとと証明しろ。
K医科大学病院特別病棟の女の幽霊、とことこ商店街の働く男・半裸カレンダー。
それぞれのカップルにとって忘れられない思い出となるであろう夏の出来事とは……


K医科大学病院の十三階特別病棟十三号室。完成まもないその病室で、夜な夜な女の声がする――。
担当患者の訴えから幽霊の正体を探ることになった京橋と茨木と楢崎。
一方、まんぷく亭の隣のとことこ商店街では大掛かりな復興計画のもと、働く男の半裸カレンダーを作成することに。
モデルに抜擢されたまんじだが、これが楢崎の血相を変えさせる事件に発展…!?『楢崎先生と京橋君ち』第二弾、真夏の事件同時勃発?


いつの間にやら、さらにシリーズ化していた作品。
いや、好きなんですけどね。
他社さんのシリーズともリンクしているし…。
結構、椹野センセイの作品ってリンクしているよね。



web拍手 by FC2



いつの間にやらシリーズが『いばきょー&まんちー』なっていた…。
『いばきょー』はともかく『まんちー』の『ちー』は?
楢崎先生のお名前は「千里」だから、そこからなのはわかっているけどね…。
しかし、誰一人その名前で呼んでいる人はいないぞ…。
いや、『まんなら』だとイマイチなのはわかるけどね…。

まあ、そんなことよりも中身である。
面白かったよ。
このシリーズ好きだし。
個人的には『まんちー』のほうが好きなんだけどね。
というか、楢崎先生のツンデレというか、プライドなんだか男の挟持なんだかわからないでもないが、無駄な抵抗っぷりが読んでいて楽しいというか〜。
あくまでも、自分は仕方なくというポーズをとるという楢崎先生とをのポーズを本音というか、あまりにも自分が拝み倒すからやさしい先生は相手してくれているんだよねと思っているまんじくんのギャップというか〜。
噛み合っていないのか合っているのかわからない2人の距離が近づいていく様子が楽しい。
まあ、これも絆されてるというのかねえ〜。

とまあ、楽しく読めましたが、内容的には同人誌的だなあ〜と思ったり。
この2カップルの商業作品が出る前に、何作か同人誌で2カップルのその後と云うか日常の話が出ていたからねえ…。
だから余計に思うのかな?
でも、出版社のほうが人気のあるシリーズなので書いていいと許可を出したのかもしれないな…。
前作が茨木さんと楢崎先生のお仕事模様が中心だったから、今回は京橋先生とまんじのお仕事模様が中心でしたね。
前回がシリアス展開だったのに対して、今回は非日常的ネタだったから余計に同人誌的だなあと思ったのかもしれない。

まあ、商業誌だろうと同人誌だろうと買うからいいか…。
薄い本で出されるよりはページ数が多いし、お値段もお安くすむし、なんといってもイベントに行かなくても買えるしね。そこは大きなポイントでありますね。
2013.07.28 Sunday 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< イタリアの至宝を観に鳥栖へいく。 | main | 「幸せはこんなカタチでやってくる【新装版】」全3巻 著者:葉芝真己 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:07 | - | - |