<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「世界一初恋 ~小野寺律の場合」8巻 著者:中村春菊

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
初の担当漫画家のサイン会のあと、誕生日会をするぞと言い出した高野に京都へと拉致された律。
そんな時、高野の元同僚・集談社の灰谷と出会い…!?
「木佐翔太の場合」も収録した第8巻!

ライバルが消えたかと思ったら、別な人間が現れ…。
『純情ロマンチカ』と同じパターンか…?
いや、別に中村春菊さんの漫画に限らず古今東西使い古されたパターンではありますが…。



web拍手 by FC2



1年ぶりの新刊。
7巻終了時で「恋に堕ちるまであと130日」で8巻終了時には115日…。
半月しかたっていないのかよ…。
この調子だだと、あと一体何巻続くのか?
新たなる当て馬も登場したし…。
どうやら高野さんも前の会社では色々あったようでありますし…。
今回はあくまでもそれを匂わせた程度。
今後そこらへんがハッキリわかるのか…。

でさあ、これだけで終わりじゃないのだよね…。
おそらく、ラスボスは小野寺の両親だろう。
跡取りうんぬんが解決していません。
そこらへんを乗り越えることも含めて、「あと115日」なんだろうけど…。
少なくとも、あと2巻…、いや3巻はありそうだなあ…。
そこまで小野寺は相変わらずグルグルグダグダするのだろうか…。
するんだろうなあ〜。
さすがに読者であるこちらはイライラしそうなんだけど…。
意地っ張りも度が過ぎるとねえ〜。
もうちょっと、ちゃっちゃと進行して欲しいが、多分無理だろう。
ゆっくり待つとするか…。

ところで今回ちらっと出てきた横澤さん。
長年の片想いに終止符をつけ、新たなる恋を得ているせいか、小野寺に対しても多少は態度が柔らかくなったような〜。
あちらのカップルは映画でしょ?
BL漫画の映画ってR指定になるの?
そこらへんは朝チュン仕様なの?
どうなんでしょう?
2013.08.03 Saturday 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2013年7月 | main | 「その男、甘党につき」著者:えすとえむ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 17:40 | - | - |