<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「一期ノ夢」著者:宮本佳野

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
幕末近くの江戸の町で始末屋を営む利助(りすけ)のもとに最近、頻繁に起こる怪異についての相談が持ち込まれた。武家の次男坊で学者もどきの宗次郎(そうじろう)とともに調査に乗り出すが、徐々に明らかになる事件の裏の悲しい真相とは…?
チャラくてビッチな利助と真面目で朴念仁な宗次郎の迷コンビが事件を解決する毎に、互いの距離も縮めていき…!?

BL版お江戸怪奇捕物シリーズのコミックス化!
描き下ろし番外編収録!!

【収録作品】
一期ノ夢/柳ノ雨/雪中の柩/八十八夜/猫又ノ夜

最近の宮本さんの作品は現代物でないのが多いなあ〜。
キャラの作品といい…。
っていうか、麗人での前作は近未来ものでやっぱり現代でないですね。


web拍手 by FC2



設定でいったらかなりの好みの作品です。
江戸後期で所謂「妖し」相手といいますか〜。

ただ、個人的な好みとしてはそういうはなしはあくまでもニアホモがいいかなあ〜というか。
つまり、妖怪バスターのほうを中心に読みたいのかもしれない。
受けの利助が結構な尻軽というか〜。
宮本作品としては珍しくないのですが…。
それに対して攻めの宗さんは宮本作品にしてはかなりの堅物だったな。
旗本次男坊で学者っていうのなら、もっと変人でも良かったなあ〜。
朴念仁で利助が振り回されるくらいがよかたかも。

で、2人を引っ掻き回すほどまではいなかったが、女房がいるのにふらふらしている同心の旦那は宮本作品でよくみられる当て馬というか脇役でしたね。

宮本作品だから仕方ないのかもしれないが、もうちょっと微妙な関係をやってほしかったなあ〜。
旦那がイイひと過ぎたというか。
もうちょっと憎まれ役でも良かったのではないかなあ〜。
なんかキャラが3人とも弱かったかも。

妖怪ネタは柳の精の話が良かったなあ〜。
あと、利助の過去の因縁話はもっとひっぱっても良かったような〜。

キャラも話ももっと掘り下げたら、もっと面白くなったような気がするな。

でも、個人的には宮本さんは現代物が好きかも。
今回のは結構好きなほうだけど、キャラのはイマイチ読む気にならないのだよねえ〜。
2013.08.09 Friday 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「永弦寺へようこそ 幽霊探偵 久良知漱」著者:アイダサキ | main | 熱中症に気をつけましょう…。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 08:18 | - | - |