<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「デキの悪い子は手のひらの上」著者:山田2丁目

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
ケンカ三昧の猛(たける)は、怒った親父の命令で、更生のため親戚の寺で夏休みを過ごすハメに! 
叔父の坊主・智海(ちかい)を最初は警戒していた猛だが、からかわれた挙句に過剰なスキンシップをされて、なんだかカラダもココロもウズウズ意識しちゃって──!? 
坊主×高校生の年の差ラブの他、智海の弟&幼なじみ、卒業生×フェチ教師などのエロスな読みきり満載♥

表題作の後編だけを読んでいました。
もっと、長い話なのかと思っていて、読んでないところを読みたいなあ〜と思ってコミックを買ったのですが、その気になった表題作は中編でした。
一応、リンク作もあったけど、残り2作は関係のない話。
中編と短編を集めたコミックでした。


web拍手 by FC2



ココでも語っていますが、今月中旬は某所に行ってました。
暑さのあまり、開場前に並ぶことは断念しましたが、お買い物は順調でした。
ただ、今回の作家さんのサークルだけは行った時は何もなかったのですが…。
初めてチェック入れたので、今までの様子を知らなかったことと、ルート的に最後のほうになったというのが敗因でしょうか…。
しかし、最後のほうと行っても12時前には行ったのですよ…。
一体、どれくらい前に売り切れになったのでしょうか…。
まあ、次回からは気をつけます…。

山田2丁目さんのお名前は前々から存じてはいました。
キャラでは初のコミックだけど、他社さんからは何冊も出ているし、二次パロ系とかも出ているのかな?
まあ、印象に残るペンネームだしね。
でも、今回の表題作を読むまでは雑誌で立ち読みしていてもスルーしておりました。
その表題作を読んだのも全プレのために雑誌を購入したから読んだということで、立ち読みだったらスルーしていたかな?
まあ、その初めて読んだ表題作の後編が気になったのですよ。
面白かったというよりも気になったのよ。
主人公がアホッ子過ぎたせいだろうか…。
コミックで読んだら、思ったよりも短かったので、少々拍子抜け…。
それこそ、個人的には1冊丸ごとこのカップルでジワジワと経過を描いてもらいたかったような気がする。
というか、後日談でもいいですよ。
本当に主人公である受けがアホッ子だから、いろいろとエピソードできそうな気がするのだけどねえ〜。

しかし、攻めの職業が坊さんかよ…。
いや、コチラさんみたいにマルコメ頭ではないけどね…。
第一、攻めだし。
あえて坊主攻めにした意味も感じはしなかったけど…。
単に、受けがけんかっ早いくせに恐がりというエピソードのためでしょうか?
それとも、やっぱり世の中僧職男子ブームなのか?
まあ、神父よりは背徳感はないからいいのかもしれない!?



2013.08.30 Friday 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 実際のところ腐った乙女というのはどれだけいるのだ? | main | 明日からさまよえる腐女子…!? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:28 | - | - |