<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「奈落何処絵巻(ならくいずこえまき/通常版)あなたのためならどこまでも 平安調スペシャル」著者:中村明日美子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
マジメで堅物な都の役人、左近衛将曹・高千穂巧(たかいちほのたくみ)は 自分をクドきまくるお騒がせ、エセ陰陽師・七海洋一(ななつみのひろかず)を 放っておけず、妖(あやかし)絡みの事件に、首を突っ込むハメになってしまっ た!ところがスケベな七海は、スキあらばムフフな状況に持ち込もうとして★

『あなたのためならどこまでも』のパロディというかパラレルというか〜。
元作品の感想書いてませんでしたね〜。
正直、このパラレルネタが1冊にまとまるなんて思ってなかった…。



web拍手 by FC2



いろいろなBL作品を読んでいて思うのだが、テーマがあるアンソロジーを描くって大変だよなあ〜。
話ありきでなく、テーマありきなんでしょ。
作家さんで話の作り方は違うのかもしれないが、これって大変なような〜。
お題が与えられて作品考えるのが苦でない作家さんはいるかもしれないが、毎回同じ登場人物で、編集がいってくるお題で話を作るっていうのは大変だと思うのよねえ〜。
それともプロ作家さんはそこらへん大丈夫なのかしら…?

そんなことを思ったのはこの作品のせいだったりする。
初めは気が付かなかったのだが、えらくマニアックだけど一部のフェチが好む展開をするなあ〜と思っていたら、作者さんがあとがき(というか、描き下ろしの枠外)にこの作品はBLの萌えテーマを次々とクリアするすごろくみたいな〜というようなことを書いていたのだよね。
なるほど〜。

この作品は通常(?)のBLマンガ雑誌に掲載ですが、それらの番外編的なアンソロジー雑誌は毎回萌えテーマがありますよねえ…。
毎号は買いませんがテーマに寄っては買っていす。
編集さんもテーマ考えるのが大変だろうなあ〜と思っております。

今回の作品の掲載誌はテーマが決まっているアンソロジーでなく、定番の月刊誌に掲載されていますが、この毎回のマニアックなお約束萌え展開が含まれているのはアンソロジー掲載作品のようだと思ったり…。
で、まだまだ続いているようなんですが、今後もそういう展開なんでしょうか…。

同じキャラで毎回萌えテーマ展開って大変だと思うのですよねえ。
それをこなす中村明日美子先生に乾杯です♪

無事にお仕事復帰されて良かったです。
ところで『モーニング』の相撲マンガは?と思わないでもないが、追求しないでおきましょう。

しかし、スゴいよねえ〜。
同じキャラで萌えテーマを多数展開できるなんて。

毎回、テーマがあるアンソロジーで連載できていたのって『春抱き』ぐらい?
読んでないけど〜。
読もう読もうとは思ってはいるけどね…。

2013.10.04 Friday 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「クロネコ彼氏の甘え方」著者:左京亜也 | main | 「バカだけど可愛い」著者:如月静 イラスト:六芦かえで >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:34 | - | - |