<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「鎖 ─ハニートラップ─」著者:妃川螢 イラスト:亜樹良のりかず

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
SPとして働く氷上はある国賓の警護につくことに。
しかしガード対象であるレオンハルトは過去に氷上と付きあっていたことがあり…。


昨日に引き続き、ボディーガードもの。
といっても、昨日は民間。
今日は、警察のSP。
どうもSPというだけでときめき度アップ♪。
コチラの作品のせい。
まあ、色々とその作品に対してツッコミはあるが、萌えはおおいにあるのでね…。



web拍手 by FC2



昨日の作品がボディーガード(上司)×ボディーガード(部下)に対して、今日の作品は警護対象×SPです。
そのため、四六時中一緒におります。
だって、守らないといけないからね…。
まあ、どちらが受け下攻めかは置いといて、守る相手と恋に堕ちるのが王道よね。
だって、それこそ「全米が泣いた!!」的なものでしょ?(ケビン・コスナー主演の映画はまともに観てませんが…)

王道BL展開のようで、実はちょっと違ったり。
ボディーガードものとしてはそうかもしれないが、再会愛ものとしてはちょっと違うのでは?
本当はもの凄く好きだったが、相手の立場をおもって、わざと憎まれ役をかってふったかつての恋人と再会…。
何回もそのパターンは読みました。
で、たいてい、相手さん(9割以上攻め)は受けのことを恨んでいて、再会したとき酷い態度をとるのだよねえ〜。
だけど、実は今も相手のことを忘れられなくて…。
というのが王道。
それに対して、今回は攻めは受けのことを恨んでいない…。
というか、受けが過去にそういう態度をとった理由をわかっている。
大人だなあ〜。
偉い偉い。
というか、過去に読んだ索引の攻めの愚かさ加減のほうが呆れるよね。
アンタ、本当に好きだった相手のことをそんなにロクデナシだと思っていたの?
信じてやれないの?
と思ったものさ。
それに対して、今回の攻めは本当に偉いよ。
偉いのだけど…。
メロドラマ要素は減ったね…。
わがままで申し訳ありません。
だけど、読んでいてドキドキハラハラ感はなかったね。
当て馬っぽいひとはいたけど、あくまでも「っぽい」だったからねえ〜。
登場人物だけでなく読者まで騙されてしまったぞ!という危機感はなかった。
そのため、ふーんという感じで読んでしまった。
ボディーガードものとしても危機感をイマイチ感じられなかったからな〜。
単なる再会愛もので終わりました。

ところでタイトルの「ハニーとラップ」…。
その受けの職業的な外交とかがからんでのタイトルかと思うのですが、そこらへんも弱かったかなあ。
もっと、公安がどうとかを全面にだしてくれたほうが良かったかも。
そちらでの指令に対して苦悩するという展開でもあれば、そちらのほうが萌えたのに〜。
諜報もの好きなんでねえ〜。
全然そちらの方面はありませんでした…。

2013.10.09 Wednesday 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「星とボディガード」著者:たけうちりうと イラスト:北畠あけ乃 | main | 「神の庭で恋萌ゆる」著者:鳥谷しず イラスト: 宝井 さき >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:02 | - | - |