<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「私がモテてどうすんだ」1巻 著者:ぢゅん子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
腐女子が4人のイケメンDK(男子高生)にモテまくる!!?

私は芹沼花依(かえ)。男の子同士が仲よくしているのを見たり妄想するのが大好きないわゆる腐女子。
ある日、愛するアニメキャラが死んだショックで体重が激減。
すると、校内の4人の美男子からデートの誘いを受けちゃった! 私とじゃ萌えないのに……まさかのモテ期でどうすんだーー!!?

ぢゅん子さんの非BL作品。
少女漫画ですよ。
でも、なんだろう…。
ものすごくオタ臭がします。
それこそ、BL作品よりも…。



web拍手 by FC2



読んでいて楽しかった♪
別フレって逆ハーレムものが好きだなあ〜と思いながらも、読んでいて楽しかったよ。
だって、この主人公ってブレないのだもの…。
やっぱりさあ、モテだした途端、女を前面に出してきたら、読者はなえちゃうんだよね〜。
それこそ、ナニ?このオンナ!?ってなっちゃうのよねえ〜。
しかし、この作品の主人公は見た目が変わろうが、腐女子のまま。
イケメンにもてまくろうが、萌えのほうが百倍は大事!!
自分が自分らしくあるためにひたすら萌えを追求するのであった…。
少なくとも恋愛よりも萌えのほうが大事だと思うのなら、貫いたほうが楽しいよね。
その後は知らないが…。

ただ、主人公の恋愛回路が繋がっていないため、イケメンパラダイスになっていてもラブ度は低い作品かな?
これから高くなるのかしら?
個人的には「6」がポイントたかいのだが、センパイは何考えているかわからないところがあるから、主人公がセンパイに好意を持っても、違う展開がありそうな…。
で、さわやかスポーツマンの「5」はねえ…。
さわやかなだけでなさそうだよねえ〜。とか思ったり。
そうなると「7」?
「4」は今のところポイント低いような〜。

まあ、個人的にはだれともくっつかないのが望ましいが、別フレ読んでいる腐っていないお嬢様方がそれを許してくれるのだろうか…。
あくまでも恋愛でなくオタクっぷりが楽しいのだが…。
それは、いろいろと共感できるからなのかもしれない…。
やっぱり、人生において萌えは大事ですよ。
このエッセイで三浦しをんさんが語っている「カッコいい男性同士が妖しい雰囲気をかもし出し、客はそれを『物陰』からこっそり見て楽しむというカフェ」は素晴らしいと思う。
でも、あくまでも仄めかしでないといけない。
この店はまだあるの?
微妙に違うのだよねえ〜。
あくまでも仄めかしで、それ以上は個人にまかせないと…。

で、この作品の主人公は自分に言い寄ってくる男同士で妄想しちゃうからね。
やっぱり、萌えのほうが大事なんだね。
2013.10.17 Thursday 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< シンガポールへ行きました。 | main | 「誰にも愛されない 完全版」上巻 著者:山田ユギ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:14 | - | - |