<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ロマンチック・レプリカ」著者:うえだ真由 イラスト:金ひかる

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
兄への気持ちを相談するうち、先輩デコーダー・江崎と身体をつなげたマネキン職人・弦。
次第に江崎への想いを自覚する弦は!?

コチラの作品のスピンオフ。
いや、これが出ることを知ったから、積んでいたソチラを読んだのだけど…。



web拍手 by FC2


つい最近、つながっている作品を読んだからかなあ〜。
ああ、この組み合わせで行くのですか…と驚いてみたり…。

今回の受けと攻め。
その前の作品で、それなりに重要なポジションにいました。
しかし、あくまでもそれは単独っていいますか〜。
それぞれがなんですよねえ…。
2人がタッグを訓でのものではないので、今回、この組み合わせになるとは思わなかった。
それは、私が鈍感だってこと?
いや、個人的にはそれならそれで匂わせてもらいたかったと思うのだけど〜。
だって、前作で、今回の2人は同じシーンにいたこともないからさあ…。
えっ、それとも妄想を膨らませてこそ一人前だということ?
ホモでないものをホモにするのはそこそこやっていますが、ホモを前提にしている小説で、作者が書いてないところを妄想するのは難しいかと…。

まあ、そういうことで、ああこの組み合わせもありなんですか〜という良くわからない印象の2人。
正直云って、読んだあとも、あまり変わらないかも…。

受けが攻めのことを好きなる経緯はわからないでもないの。
まあ、受けの視点だからね。
だけど、攻めが受けのことをそういうふうに受け止めるのはイマイチわからないの。
いや、受けは可愛いですよ。
健気だし、一所懸命だし。
ほだされるのはわかる。
しかし、「同じ会社の人間には手をださない」という攻めのポリシーを破ってまでの衝動は感じないのだよねえ〜。
寂しいときに手を差し伸べてくれたから?
う〜む。
前作ほど、永遠的な愛には結びつかないような〜。
もうちょっと、前作で2人の微妙な関係を醸し出していたら、「ちょっと、脇役の2人が気になるのですが〜」というスタンスで読み出すことができて、今作の受け入れ態勢が出来ていたのだと思うのだが、それがなかったため、ちょと評判よかったから脇役を絡ませた?って感じがしてならないのよね〜。
しかし、ワタクシの読解力のせいかなあ〜。
前作での受けの印象はもっと子どもっぽくて、攻めは線が細いイメージでした(それこそ受けになってもいいような繊細な感じ?)
悪くはないが、なんかイマイチ納得できない作品でした。
うえださんだから期待し過ぎなのかもしれないが…。


2013.10.24 Thursday 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 熊本の「く」のポーズなんだそうだ…。 | main | 「ましろのおと」9巻 著者:羅川真里茂 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:47 | - | - |