<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「僕とその続きを」著者:嶋二

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
大学生の椎名は路上で泥酔し、男にお持ち帰りされてしまう。
ところが「最中」に、相手が大学講師の朝日奈だと気付いて…!? 
ワンコ大学生とツンデレ講師のほろにがい恋☆

1冊丸ごと同じカップルの話かと思っていたら、短編・中編3作ありました。
もうちょっと、同じカップルで長い話を読みたかったような…。



web拍手 by FC2


嶋二さんって、コンスタンスにコミックが出ますねえ〜。
毎月どこかには掲載されているのだろうか?
で、そっちのほうは手を出していないのですが、二次のほうもされているでしょう。
筆が早いのかな?

角川さんでは2冊目のコミックです。
なんか、前作の表題作もだったけど、嶋二さんって行きずりの相手と〜のパターンが好き?
今回、3作中2作がそうだったから…。
っていうか、角川さんでの作品がそのパターンが多いのかな?
他の出版社からのだと、幼馴染みとか同級生が多いような気が…。
編集の好みなのか?
それとも短編だから、そのようなシチュエーションばかりになってしまうのか…。

ちょっと同じコミックでそのパターンが重複するとねえ…。
まあ、ワンコ×魔性ビッチと実はエリート×無愛想(っていうか不器用)弁護士という全然キャラ付けが違うから、話も全然印象が違うのですけどね…。
ただ、いきなり出会って、関係もって、そのあと恋に堕ちるっていうパターンだと、短編ではページ数足りないのよね。
なんで、いきなり恋に堕ちるんだ?
特に襲われた攻め!(笑)
身体から籠絡?
別に受けと違って、ゲイだったわけでもないだろうし…。
新たなる世界の扉を開いちゃったということか?
でもさあ、もうちょっと葛藤というものがあると思うのよ。
いきなり、男に乗っかられるって、かなりの衝撃ものだと思うのだけど。
アイデンティティの崩壊ものだよ。
それを乗り越えて、「あなたが好きです」ってなるには、それなりの過程を描いて欲しかったよなあ〜。
いやあ、本当に1話読んで、次はその続編だと思っていたから、違うカップルの話で驚いたよ…。
そして、過程がわかりにくいから、このカップルがずっと上手くいくとは思えなかったり…。
それなりの葛藤が描かれていないから、攻めが軽すぎるように思えたし…。
仕方ないことなんでしょうけど…。
とりあえず、コミック描き下ろしで補完?
でも、表題作の攻めはこれからも振り回されることでしょう〜。


2013.11.09 Saturday 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2013年10月 | main | 「まほろ駅前狂騒曲」著者:三浦しをん >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:34 | - | - |