<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋はドーナツの穴のように」著者:砂原糖子 イラスト:宝井理人

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
ドーナツ屋店長の倉林は、多すぎる業務、使えないバイト、単調な毎日に疲れきっていた。
携帯の中の元恋人のアドレスを眺めては、束の間の現実逃避をする日々だった。
一方、新入りバイトの凛生は今時の冷めた高校生。
恵まれた容姿で女の子にもてるくせに、他人に興味を持てないでいた。
けれど黙々と仕事をする倉林の携帯電話を眺める横顔は妙に気になって…?
バイト高校生×ドーナツ屋店長の12歳年の差ラブ。

新書館からの砂原作品はどうも身構えてしまう…。
イロモノが多いからね…。
今回はまあ正統派?
年の差ものの。


web拍手 by FC2


そういえば砂原さんって、デビュー作も年の差ものだったね…。
あとがき読むまで気が付かなかった。
いや、読んでますよ。
文庫でなく新書で。
まあ、古本屋で買ったんですけど。
最初に読んだ砂原作品かな?
円陣さんのイラストに惹かれて買った本ですから…。

だけど、デビュー作も今作もそんなに年の差ものって意識しなかったからかなあ〜。
いや、ちゃんと受け攻めどちらも年の差があることに引け目っていうか葛藤があったりするのですけどね。
だけど、なんか、些細なものとしてスルーしていた。
攻めが年下よりも、年上の年の差もののほうが、年齢差がうんぬんって感じることがあるからかなあ?
たいてい、そういうのって大人の男の包容力っていうのがいいのだけど。
メロメロに受けを甘やかす攻めっていうのが年上攻めの場合の醍醐味なんだよね。

で、年下攻めの場合。
しかも年の差がある場合は、攻めの意地っていうか、子ども扱いされないように頑張る姿が読書の心に響くものなのだと思う。
で、この作品。ちゃんとそういう展開していた。
今回の攻めは、彼なりに頑張ったり、子ども扱いされてショック受けたりしてましたし、若い故のリビドーの暴走もあったり、過去の相手に嫉妬したりしていましたよ。
しかし、どうも私にはあまりそこらへんが印象に残っていない。
読み返したら、ちゃんとそういう年下攻めのセオリーはつんでいるのに…。
基本的性格が醒めているキャラだったからかしら?
彼にしたらもの凄く感情豊かになっているのだが、私が想像する年下高校生彼氏の暴走よりは抑えられたものに感じたのよ。
っていうか、おバカさ加減が足りなかったのかな?
おバカっていうか、ワンコっぷり?
攻めが年下の年の差ものはご主人様大好きなバカワンコな攻めっていうのが好きだからなあ〜。

恋とは、ふたりで一緒にバカになることである」ポール・ヴァレリー

結構、その格言通りの2人だったんだけど、受けのネガティブウジウジぶりと、攻めのマイペースぶりが印象強くて、バカっぷりが印象薄かったのだよ。
それでも、雑誌掲載時よりは書き下ろしので攻めのワンコっぷりがわかったけどね。

2013.11.13 Wednesday 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「カモフラージュ ~十年目の初恋~」著者:いつき朔夜 イラスト: 香坂あきほ | main | 「美獣とケダモノ」著者:中原一也 イラスト:國沢智 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:38 | - | - |