<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「美獣とケダモノ」著者:中原一也 イラスト:國沢智

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「いいモノがあるんだけど、興味ある?」
禁欲的な容貌の幼馴染み・阿立(あだち)がバーテンを務める店で、ハードボイルド作家の男鹿(おが)は、見知らぬ男から妖しげな錠剤を手に入れた。
「憎たらしい奴を跪かせることもできる」という売り文句に、長年邪(よこしま)な想いを寄せる阿立の顔が浮かび、つい買ってしまったのだ。
顔を見れば暴言ばかり吐いてくる阿立に一度「ご主人様」と言わせてみたい…。
そんな妄想気分で試した錠剤の効果は想像以上のもので――!?
サディスティックな美しいバーテンとスイッチが入ると鬼畜になってしまう小説家、二匹の獣の破天荒ラブ!!

中原さんの新刊。
まあ、なんていうか…。
ラヴァーズ文庫仕様でしたね…。


web拍手 by FC2



個人的当たり外れがあるので、中原さんは選んで買おうと思っていたのだが、ちょっと色々ありまして購入。
まあ、結果的には面白かったですよ。
展開は予想通りなんですけどね…。

ああ、やっぱりこうくるかあ〜って感じ。
特に前半の雑誌掲載分は。
結構、前に『JUNE』に掲載された作品なのかしら?
っていうか、小説だから相当前?
ゴメンナサイ…。
さすがに鹿乃さんの作品が掲載されているときしか、あの伝説雑誌の後継誌に手をださないのです。
っていうか、鹿乃さんしかよんでいないから、小説が載っているのか載っていないのかも把握しておりません…。

ただ、この予想通り展開だと、昔の作品なのかなあ〜と思うのよねえ…。
まあ、面白ければよいのですが。

展開が読めたけど、面白いかどうかと聞かれたら面白いに軍配あげますよ。

もう、これは二人の恋の行方じゃなくて、プレイのエロさで勝負なんですよ。
ラヴァーズ文庫だしね♪ってことだよ。

展開よりもプレイのエロさと奇抜さ。
なんていうか、いろいろとプレイを考えたんだろうなあ〜なんて、エロを読みながらも、そんな冷静な分析をしてしまったり。

まあ、いろいろとプレイのてんこ盛り作品でした。
でも、中原さんだし〜、ラヴァーズだし〜と思ってしまい、意外性はありませんでした。

そして、私の大好きな男前の受けでしたね。
男前というよりは本当に「ケダモノ」でしたが…。
タイトルの「美獣」っていうのは受けのほうなんだろうけど、ケダモノ度というか、肉食度は受けのほうが攻めよりも数倍ありましたよ。
男前というよりも肉食でした。
まあ、それはそれで楽しいのかなあ〜。
誰でも彼でも喰っているキャラだったら苦手なんだけど、一途なひとだったからね。
2013.11.14 Thursday 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「恋はドーナツの穴のように」著者:砂原糖子 イラスト:宝井理人 | main | 本当にあったコワイはなし…。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:43 | - | - |