<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「クレイジーな彼とサバイバーな彼 〜嘘と誤解は恋のせい〜」著者:小林典雅 イラスト:小椋ムク

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
漢気ある妊夫・騎一に惚れる役でありながら、まるで気持ちを乗せられない尚。
そのナメた演技にキレた座長が、ある日とんでもない試練を吹っかけてきて…!? 
大人気シリーズ、愛と笑撃の第三巻! 
2013年11月刊。


大人気というか、大爆笑のこのシリーズ…。
まさか、第三弾まであるとは…。
すごいよ…。
このノリを3巻も続けれるなんて…。
典雅節炸裂ですね!


web拍手 by FC2



正直な話、第三弾まであるとは思っていませんでした。
なんていうか第二弾をああいう形でやったということで、読者のそれぞれの要求はそれぞれの妄想の中で〜というかなんというか…。
しかも、第二弾が発売されたのって3年前以上なんだ…。
ちょっと、びっくり…。
いつの間にそんなに年月が経っていたんだ…って感じ。
年をとると時間の経過が本当にわからなくなるというか…。
つい最近のことだと思っていたら数年前のことだったr、数年前のことだと思っていたらそこまで年月が経っていなかったり…。
それって、単なるボケなんでは…っていうツッコミをとりあえず横に置いておきます。

とにかく3年ぶりのこのシリーズです。
花丸文庫での久しぶりの典雅節です。
あっ、とりあえず、黒文庫のほうの時代物(?)は読んでいないので、飛ばします…。
あれはねえ…。
読んだ方の感想を読む限りはコメディの域に入るみたいなんですが、なんかねえ…。
あらすじとかカバーイラストの雰囲気とかでお耽美っぽくて手に取る勇気が起こらないのよねえ〜。
いや、根っこは典雅節だとは思うし、円陣さんのイラストは気になるのだけど…。
でも、他に読みたい作品があるからねえ…って感じで手に取らないまま今に至る…。
今回のあとがきで気にはなりながらも…。
まあ、気が向いたらね…。

って、読んでいない作品は置いといて、今回の作品であります。
このシリーズの第一弾、第二弾のカップル勢揃い。
無人島にやってきた2組のカップル♪
特に、第一弾カップルが弾けまくってます。
こちらのカップルは実はその無人島にもう一組がいるという事実をしらないから、もう二人のアイランドを満喫!!
ラブラブラブラブココナッツ♪
アイアイアイアイアイランド♪
であります。
愛し合う二人が無人島に二人きりだと思い込んでいるので、そりゃあココロもカラダも愛を確かめあうといいますか…。
もう、カラダでのコミュニケーションを満喫(苦笑)
弾けまくってます。
エロエロ展開満載です…。

しかし、エロエロではありますが、エロスはないです…。
エロとエロスは違うのです。
バカップルの弾けまくったエッチというのは第三者から見ると、なんとも表現しにくいものであります…。
しかも、その表現しにくいものを観察している騎一と尚という人物がいます…。
盛り上がっている2人に対して、冷静なるツッコミをする騎一。
それに同意する尚。
そして、同じくうなずく我々読者…。
この登場人物たちのおかげで、我々読者はどんないバカップルが激しい濡れ場を演じようと、冷静な「観察者」というポジションをキープできたといいますか…。
なんだろう…。
BL読みとしては正しい行動なんだろうか…。
まあ、小林典雅作品だからね。
そういうことなんだろう…。

とりあえず、ここ最近のディアプラス作品よりは典雅節を満喫できたと思いますよ。
黒文庫は読むかどうかはわかりませんが…。
とっていっても、来月もディアプラスの新刊が出ますね。
なんやかんや云ってますが、購入しますよ。
どういう感想を述べるかはわかりませんが…。

2013.11.25 Monday 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ワタシの川原泉I」著者:川原泉 | main | 「夏目イサク ファンブック」著者:夏目イサク >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:00 | - | - |