<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「毎日晴天! 新装版」著者:二宮悦巳 原作:菅野彰

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「俺は絶対、結婚も同居も認めない!!」
SF雑誌の編集者・帯刀大河(おびなたたいが)の家に、ある日突然新しい家族がやってきた!? 
寝耳に水の姉の結婚で義兄となったのは、阿蘇芳秀(あすおうしゅう)。
なんと高校時代の親友で、現在売れっ子の担当作家だったのだ。
ところが、大反対する大河をよそに、肝心の姉がいきなり失踪!! 
残された大河は、弟たちの面倒を見つつ、なし崩しに秀と同居するハメに…!?
書き下ろし番外編小説「僕らがまだ知らなかった未来」も収録した新装版!!

本格的BL読みになる前から、読んでいたシリーズです。
復活して大変嬉しい!!!!!!!!!!


web拍手 by FC2


自分で初めて買ったBLコミックは『純情えれきてる』だったと思いますが(記憶が曖昧…。まあ、これより前に読んだ作品は借り物だと思う。あとは雑誌でよんでもコミックを買う勇気が持てなかった作品とか…。)、初めて買ったBL小説は今回の作品の原作本です。(これはハッキリと宣言できると思う。BL小説に関しては借りて読むこともしなかったから…)
当時、BLマンガは読んでも小説は読んでいなかったかと〜(フジミとかが周りではやっていても読んでいなかったからね。某ミラージュは第一部で挫折したし…)
だけどね、このマンガ版の第2話読んだくらいかなあ〜。
どうしても、どうしても、どうしても…、この先が知りたくて…。
もう、次号が待てなくてキャラ文庫を購入したのでありました…。
あっ、マンガ版を掲載していた雑誌を読んでいた理由は多分『銀河英雄伝説』のためだと思う。多分だけど…。

そのころ二次パロホモ同人誌は読んでいましたが、オリジナルはほとんど読んでいないし、小説に関しては二次パロ同人誌でも手にしなかったころに、待ちきれなくて、BL小説を購入…。
もう本当に一大決心だったんだよ!!
その頃はね。
で、このシリーズに関しては続きも購入。
本当に、その頃は一大決心だったんだよ!!
今では肌色率高い男同士のイラストの小説を平気で本屋のレジ、しかも男の店員相手でも(まあ、なるべく女性の店員のレジに行くが、場合によっては男性店員のレジに行かなくてはならない場合もあるのだよ…)大丈夫なアイアンハートの持ち主になってしまったが、当時は本当に抵抗があったのだよ…。
まあ、そのころも結構な年齢で、決して恥じらう乙女の年齢だったわけではないが…。
とにかく、話が収拾つかなくなってきたが、何を云いたいかというと、この作品はある意味私のターニングポイントの作品だということよ。
しかしながら、本格的BL読みになった頃には、シリーズが停滞…。
もしかして、秀と勇太の過去話で終了なの?
志摩姉は?
と、ず〜っと燻った気持ちでおりました。
大体、菅野さん、数年前からエッセイ等が復活していたようだが、BL小説の新作は発表されないし…。
このシリーズだけでなく、他の作品もね…。
あれあれ?もしかして執筆止めちゃったの?と思っていたよ。
だから、5月に出た『小説Chara』に菅野作品が載っていたのは嬉しかったなあ〜。
まあ、勝手に予告でお名前を見た時は、このシリーズの新作だと思っていたから、違う話で肩すかしはくらったけど、まあ、Charaで作品を発表しようとなっただけで良いのかなあ〜と思っていた。

その願いが通じたのだろうか…。
シリーズ復活。
コレは新装版だけど、SS小説がついていているし、文庫のほうで新刊出たし、今月発売の『小説Chara』でSS小説掲載されたし。
菅野さんの中で竜頭町の皆がよみがえったのかなあ〜。

とにかく、この調子で新作が出ますように…。
やっぱりさあ、志摩姉の帰還とその顛末を書かないといけないと思うのよ…。
登場人物たちが志摩姉の帰還を望んでいるかどうかはおいといてさ…(苦笑)

2013.11.28 Thursday 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「茅田砂胡 全仕事1993-2013」著者:茅田砂胡 | main | 「花屋の店番」著者:菅野彰 イラスト:二宮悦巳 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:20 | - | - |