<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「~おっぱぶクラウン~ 王様の遊戯場」著者:栗城偲 イラスト:香坂あきほ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
店長って、おっぱい処女なんだ?

雄っぱい好きの癒しの場“おっぱぶクラウン”。
その日、ママを務める室山は、乳首突きが特技なオーナー・長谷を警戒していたにも拘わら裸の胸を晒してしまった。
すると長谷はその乳首を凝視し、「なんて理想のおっぱいなんだ……!」と歓喜に震えた。
以来、日参する長谷に説かれる室山。
けれど、どんなに熱心に口説かれても、体(主に乳首)だけが目当てなように思えて……。

タイトルといい、あらすじといい…。
どう考えても、これって「トンチキBL」だろ?
とは思っていた。
だけど、何故か購入。
時々、無性に非現実的なトンチキ作品を読みたくなるのよねえ〜。
先週、残業が続いたからかもしれない…。


web拍手 by FC2


既刊BLコミックにこれのスピンオフ作品があるそうです。
購入はしていないけど、タイトルのインパクトと原作が栗城さんということでチェックは入っていたけれど、購入にまでは至らなかった。
タイトルとかあらすじとかが引っかかったから…。
なのに、今回は購入。
精神状態と栗城さんの小説というのが要因でしょうか!?

さて、読んでみたところ、根っこのところは結構普通?
いや、一般的にBL作品は普通ではないのだろうが…。
ただ、まあ、今まで仕事相手ということで恋愛対象にしていなかった相手に求愛されて戸惑うとか、攻めが更に最強の攻めにバックを狙われるとか、胸に対するフェチ的趣味とか…。
ひとつひとつのシチュエーションは今までもあったかも…。
胸への描写が濃厚の作品は今までもあったしね…。

だけど、どうしてもイロモノに思えてならない作品でありました…。
やっぱり、職場の設定が、作品全体をイロモノにしているような気がしてならない…。
そして、タイトルが…。
正確にいえばサブタイトルか?
まあ、とにかくインパクトあるけれど、イロモノですと主張しすぎるタイトル…。

どんなに攻めが受けへの愛を語っても、どうしてもイロモノにしか思えない…。
そこらへんを狙ったのかもしれないが、読者選ぶしどうなのかなあ〜。

っていうか、思ったより普通の話だったってことで、栗城作品としては他に素敵な作品がたくさんあるから〜って感じもしないでもないような。
っていうか、栗城さんって範囲広いね…って改めて思わせる作品でした。


2013.12.17 Tuesday 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 逆に宣伝してくれたよね | main | 「イン・ザ・ヘブン」著者:新井素子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:01 | - | - |