<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「いまさら愛など語れない」著者:鳩村衣杏 イラスト:高城たくみ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
とあるテーマパークにひっそりと存在する青色のクマ――『青井さん』。
人生相談を受け付けており、的確で辛辣な答えをくれるとの噂である。
中の人はベンチャー企業を経営する羽根田迅・32歳。
誰もが羨む経歴・容姿を持つ彼が、きまぐれでその着ぐるみを着るようになって一年。
ある日、なんと共同経営者で親友の熊谷が現れた。
あろうことか彼は「同僚を好きになった」と告げ、それはどう考えても迅のことで……。
困惑と動揺を抱えながらも、その不思議な恋の相談は繰り返され――!?


作品と関係ない話…。
今年も残りわずかになりました…。
昨日の記事に書いた通り同僚がインフルエンザにかかったり、インフルエンザではないけれど、隣の席の社員が風邪ひいたり…。
また、その風邪ひいた社員が、年末で忙しいために無理して出社しているのよねえ〜。
だから、ちょっとてんやわんや周りがしております。
ただ、昨日も述べた通り、私の職種は専門職でねえ…。休んだひとたちのフォローはしようと思ってもできないのよね…(せいぜい、電話にでるくらい?)
こういうことあると、余計に年末イベントって社会人としてどうよ?って思う日程よねえ…。
晴海時代みたいにクリスマスのほうがいいよ…。
それはそれで世間では寂しいやつって思われるのかもしれないけれど、自分的には全然問題ないしさあ〜。
世間の意見は知らないが…。


web拍手 by FC2


高城たくみさんのイラストで、カバー絵に人間とは思えない生き物が飛んでいる…。
私はおもわず、これって『なんか淫魔に〜』の新作?って思ってしまったよ。
よくよく考えれば、作者は違うし、レーベルも違ったのだけど…。

鳩村さん、刊行が続いてますね。
今回はIT企業社長とその相方の話です。

カバーイラストで飛んでいる青いクマはひとまず置いといて、主人公とその相手の関係はそう珍しいものではないというか…。

ずっと、親友だと思っていた人間が、実は自分に恋愛感情を抱いていることを知って、初めはとまどいながらも、彼との恋愛を受け止めれる自分がいて…。
っていう展開は過去にも読んだことがあるはず…。
ただ、特にあれが名作だったと思い出せる作品がないというか、自分の中では盛り上がるシチュエーションでもなかったってことかしらねえ…。

ここで珍しいシチュエーションはクマの着ぐるみである青井さんだろう。
人生相談を受けるが、毒舌キャラで切り捨てゴメンっていう立ち位置。

第三者と思っていた人間が実は当事者だったという展開は過去にもあるが、さすがに着ぐるみっていうのは初めて読んだ。

こういう着ぐるみゆるキャラの世界では、中のひとなどいない!!っていうのが常識なのかもしれないが、この作品では中のひとが存在して、さらに動揺までしております…。
まあ、それでうまくいくわけなんですけどね…。

鳩村さんのこの前でた作品が、BLとしては異色だったけど、いろいろと考えさせられる話だったからなあ〜。
どうしても今回の作品が軽く思えてならなかった。
BLとしてはこちらのほうが正統派なのかもしれないが…。
主人公たちのキャラクター性が軽く思えたかなあ〜。
一番、キャラがたっていたのは青井さん?
ゆるキャラの世界もキャラクター性って大事だと思うのよ…。
某人気キャラを生でこの前見ましたが、司会のお姉さんとの息もピッタリだったなあ〜と思うのよね。
あのお姉さんのツッコミでキャラを活かしているというか〜。
くまモンは自分で話はしないから、お姉さんのツッコミが大事なのよねえ。

BLもやっぱりキャラが大事だと思うのよ。
話のパターンはつきてきているしさあ。
魅力的なキャラが登場するっていうのは重要。

着ぐるみが一番魅力的っていうのは正しいのかは置いといて…。

2013.12.26 Thursday 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 皆様、お気をつけください。 | main | あけましておめでとうございます >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:48 | - | - |