<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ふたりの熱量」著者:橋本あおい

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「フチュチュカ者ですがよろしくお願いしマス」
初対面でそう言ってきた親日家のイタリア人・ディーノと 同居することになったフリーライターの龍之介(りゅうのすけ)。
忘れていた人肌の温かさをディーノに感じた龍之介は……。
振られるたびに訪れるのは人生の半分を共有する悪友・北條(ほうじょう)の家。 
フラレ癖をもつ南海の運命のお相手は意外と身近にいて……!?
四十路男たちの最高に不器用な恋愛事情、「右か左か」も収録!

1年に1冊出ればいいと思っていた橋本あおいさんの作品が2ヶ月連続で刊行。
今月はドラマCDで、2月には他社さんからの新刊。
祭りだ♪祭りだ♪(紅白のサブちゃんは視聴率50%超えたそうで〜。昔、生サブちゃんを見たことあります。大物芸能人を見たことに大騒ぎする私と同僚に対して、サブちゃんは軽く手を振ってくれました。オーラが違ったよ…)


web拍手 by FC2


橋本さんの新境地をみた…。
表題作は外国人攻めで、同時収録はオヤジ同士ですよ。
で、個人的に大変萌えたのはオヤジ同士の『右か左か』のほうであります。

橋本さんといえば、可愛い絵柄のために比較的若い子の話が多いかなあ〜と思っていたのですが、よくよく考えれば、前回の話は受けはともかく攻めは30代だったし、コチラはリーマン同士の話だったし(でも20代)…。
でも、コレなんかアイドル同士だし〜。
やっぱり、若くて可愛い子が出てくる作品が多いかなあ〜と思っていたので、「オヤジ特集」に『右か左か』が掲載されたときは驚いた。
しかも、四十路…。
自分の年齢が年齢だから、30代は「オヤジ」でないと思っています…。
っていうか、思いたくない…。
実際のところ、私の周りにいる30代は若いですよ…。
というか、正直なところ「未熟」なんですよ…。
うちの会社のレベルが低いのってのもあるのかな〜。
アンタ、一体何年仕事しているのよ!!と怒りたくなることあるのですよ…。

っていうか、主人公の部下が云ってましたが
「ふだんクールで手厳しいくせにいざという時の部下のフォローはバッチリ…」っていう理想の上司なんてうちにいないのですけどね…。
まあ、そこはフィクションですしね…。
ただ、そのフィクションを三十路でなく四十路にしたところに大きく拍手。

まさか、ディアプラで四十路同士のラブが見れるとは…。
いや、だって、ディアプラってなんかキラキラした話が載っているイメージでない?
ああ、でもシェリプラも結構いい年齢の官僚が出てくる漫画が連載されているしなあ〜。

15年くらい昔は、BLといえば学園ものが主流で、リーマン同士なんて考えもしなかった…。(ボーイズでないじゃないか!!と友人Nさんにいっていた)
その流れでしょうか、ちょっと前までは考えられなかったオヤジ(40オーバー)も当たり前になってきたってこと?
いやはや、いい時代になってきたなあ。

話が完全にそれましたが、『右か左か』のマウント決定の後日談は読みたいよなあ〜。
南海が受けだとは思うのだけど、逆襲あり?
あと、南海の後輩の婚約者って『スーツを脱いだら』の受けの会社の女の子だったのね。
さすがに、あとがき読むまで気が付かなかったよ。
2014.01.07 Tuesday 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ハートの隠れ家」2巻 著者:夏目イサク | main | 「ワルイ王子でもスキ」著者:桜賀めい >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:58 | - | - |