<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「カデンツァ3 ~青の軌跡〈番外編〉」著者:久能千明 イラスト:沖麻実也

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
バディとして、恋人として、信頼を寄せ合うカイと三四郎。だがカイはとある秘密を抱えていて…。『青の軌跡』番外編ついに本格始動!

1年4ヶ月ぶりの新刊。
前作の感想で2年以内に出たらいいねえ〜と述べていたから、そのもの凄く譲歩した希望はクリアしております。
もうね…。
期待しとくのは止めとこうという過去からの経験からの設定でした…。


web拍手 by FC2

とりあえず、タイトルを変えるべきかと。
番外編であったのは1巻のみ。
2巻3巻、そしてまだまだ続く今の話は『番外編』という表記は相応しくないのでは…。
ここまで込み入った話になり、本編の主要人物が全員揃ったとなると、これは『第二部月編』と表記すべきだと思う。
しかも、2冊使って、まだ終わっていないのだし。
そして、次で終わるのかしら〜と疑っております。
過去の作品読んでいると疑ってかかってもしかたないと思っているよ。

思いっきり、続いておりました。
そして、あくまでも個人的な印象でありますが、ちゃんとこのあとの設定が決まっているのかしら?と思っている。
あとがきが真実とは思っていないけれど、久能さんに限っては、行き当たりばったりのイメージがあってねえ…。
過去のシリーズ読んでいると、どうも辻褄が合わないことがあったりするわけで…。
そりゃあ、過去の作品の感想でも述べたかもしれないけれど、長いシリーズだと、いろいろと諸事情により辻褄が合わなくなるということはあると思うけれど…。
でも、このシリーズは…。
とりあえず、この巻は終わらせてしまえ!!という作者の力技というか、その場しのぎのような気が…。
最終的にあえばいいのかねえ…。

今回、三四郎とカイはまた色々拗れてしまいました。
どうやら、いままで三四郎さんはカイを『月人』として捉えてなかったようです。
あくまでも『カイ』という一個人と接していたので、『月人』という異邦人を知ってビックリ〜ってことらしい…。

っていうことは、読んでいてわかるのだが、あんた過去に『イシス』であるカイと出会ったのでは?
そこで、自分の知っているカイと違う享楽的な月人であるカイと接したのでは?
と思ったのですが…。
ロードとサンドラの娘が出てくるくらい年月が経っているわけですから、イシスが登場したのはかなり昔ってことですよね…。
三四郎さんがそのころを忘れても仕方ないのか?
あくまでもカイと思っていたから、認識が違ったのか?
とりあえず、そういうことにしておこう…。

で、次はいつ出るの?
次で終わるの?
そこれへんは期待していないが…。
2014.02.10 Monday 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 微妙…。 | main | 「書楼弔堂 破暁」著者:京極夏彦 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:32 | - | - |