<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「初恋迷宮」著者:鳥谷しず イラスト:蓮川愛

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
宝坂眞──昔自分をこっぴどく振った年下の男。
椎名雪人は異動先の京都府警本部で、その彼とまさかの再会を果たした。
恋情は今も消えていない。だが彼の左手の薬指には指環が嵌っていて……。 
2014年4月刊。

最近、あちらこちらでお仕事されるようになった鳥谷さん。
今度は花丸ですか…。


web拍手 by FC2


花丸文庫でお仕事というよりもイラストが蓮川さんというのに驚いた…。
いや、なんか個人的には鳥谷さんと蓮川さんの組み合わせっていうのは意外というか違和感感じるというか…。
どちらの方も好きなのですが、組み合わせ的には…。

だって、だって…、鳥谷さん作品の主人公たち(主に攻め…)って変態ばかりだから…。
この前の作品で、鳥谷さんの作品にしては変態度が低かった〜みたいな文句をいっておきながら何いってるのか!?って感じだけど、やっぱりそういう印象なんだよねえ〜。
まあ、そこが鳥谷作品の持ち味なんだけど、蓮川さんのイラストで変態ってなんだか…。
いや、攻めは変態だけどスペックは高いのよ。
見た目も良くてエリート。
まさに蓮川さんの描く美麗なキャラに相応しいスペック。
でも、変態…。
いや、今までの作品のイラストレーターさんたちも美麗なイラストで変態攻めを描かれていましたけどね…。
蓮川さんがイラストの作品でエロ満載っていう他の作品もあったでしょう…。
でも、鳥谷さんの変態攻めは他にはいない変態ぶりだからさあ〜(いや、もしかすると、すごい変態なキャラがでる作家さんもいるかもしれないが、読んだことないからね…)

でも、本当にエリートはエリートだから…。
パートナーの同意のうえならいいのだろう…。
他人に迷惑がかからないのなら…。

個人的には攻めの変態っぷりよりも受けの恋愛体質のほうにイラっとしたかなあ〜。
嫉妬のあまり部下に八つ当たりしたりと…。
まあ、八つ当たりしたくなるようなバカな部下では合ったけどさあ〜。
それでも何かと初恋を引きずる受けに少々いらついたかなあ〜。
いや、引きずってないと物語として成り立たないのだけどね…。
とりあえず、ハッピーエンドだしね。
引きずりしすぎて、変なベクトルに愛が暴走しているけれど…。
そして、一番気の毒な登場人物は受けの父親だろう…。

ところでこの作品は他社さんでの投稿作を改稿したようなんですけど、投稿作もこんなに変態の攻めだったのかしら?とか思ったり…。
さすがにここまでではなかったのかなあ?
といっても、鳥谷作品の攻めにはもっと変態っぷりをみせてくれる攻めがいるけどね。
来週出る作品とか…。
さんざん、変態変態と語っておいてなんですが…。
おそらく、鳥谷さんの次の作品の感想ではもっと叫んでいるでしょう…。

2014.05.03 Saturday 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2014年4月 | main | 「暗い越流」著者:若竹七海 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:59 | - | - |