<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「その兄弟、恋愛不全」著者:鳥谷しず イラスト:Ciel

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
心療内科医の真紘には、想い続けている男がいる。義弟である外科医の智佳だ。
親同士の再婚で家族となった幼い日、「けっこんして」といったのは智佳だった。
なのに、美しい男に成長した智佳は、そんな過去など忘れた顔で、進学を機に家を出て以来、音信不通だ。義弟への叶わぬ禁忌の恋に悩み、EDになってしまった真紘だけれど、ある日突然、智佳が家に戻ってきて……? 
義兄弟たちの特濃ヘルスケア・ラブ♡

親の再婚によってできた血のつながらない兄弟の話。
それこそ何冊読んだやら〜。
つい昨日読んだ鳩村さんの新刊もそうだった。
ハッキリ云って、出尽くされた設定だけど、鳥谷節炸裂で、今まで読んだことのないような作品になりました。
しかし、あらすじにある「ヘルスケア・ラブ」ってどういうラブだよ。


web拍手 by FC2


さて、鳥谷さんの作品。
前回の感想で、さんざん登場人物が変態だと騒いだが、もちろん今回も例に漏れず。
そして、今まで読んだ中でも一二を争う変態っぷりを発揮していた攻めでありました。

まあ、さあ〜。
好意的に見れば、初恋をこじらせたための愛故の変態行動。
誰にも彼にもと不特定多数にその行動というか衝動を訴えるわけではないのよね。
変態かもしれないが、「変質者」ではないのかな?
この2つにどういう違いがあるかといわれたら明確には応えられませんが〜。
ニュアンスの問題?

しかし、初恋をこじらせて、しかも長年会えなかった相手故に堪りたまったリビドーが炸裂で、行為がとんでもない方向へいってしまっているというのは前回と同じかもしれないが、今回のほうが突き抜けておりましたね。
やっぱり、投稿作の焼き直しと、何冊も作品を世に出して熟れてきた時期の作品の違いでしょうか?
あちことでお仕事されるようになったけど、ディアプラスが一番鳥谷節を炸裂させているような気がする。
まあ、デビュー作品がディアプラスでしたからねえ〜。
基準がそこになるというか。
編集さんとの相性とかもあるのかな?
2014.05.16 Friday 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「新入社員のしつけ方」著者:秋葉東子 | main | 「月影」著者:SHOOWA >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:16 | - | - |