<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「秘めごとあそび」3巻 著者:桜城やや

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
大人気シリーズ堂々完結!
自分らしく、恋はできるか?

夢ばかり見ることはできない。それでも、一緒に未来を見ていきたい――。

駄菓子屋を営む柊至は近所の小児科・佐治と成行きで体の関係を持つけれど、紆余曲折の果てに両想いに。少しずつ佐治との関係にも馴染み始めた柊至は、しかし佐治との距離のとり方がつかめずいまだ悩む毎日だった。その一方で柊至、佐治双方に人生の岐路が近づいてきて…?
大人気シリーズ、心に沁みる完結巻! 描き下ろしも収録!!


1年ぶりの新刊。
どうやら、シリーズも完結らしい。
このシリーズって、『コイ茶』からと考えていいのかしら?
あれは、まだ本格的にBL読みでなかったのに読んでいたなあ〜。


web拍手 by FC2


正直な話、後日談的な内容の1冊でした。
主人公2人は2巻で想いが通じ合ったからね。
ただ、想いが通じ合ったからめでたしめでたしというわけではないのが、大人の恋だったりするわけで〜。
本人だけでなく、家族っていうしがらみがあるわけなんですよね…。

ただ、そこらへんのしがらみはあまりヘビーでなかったな?
別に、家族にカミングアウトされて一波乱あったり、それを乗り越えてハッピーエンドになるというわけではない。
家族には内緒にして、己のなかではそれなりにスッキリしたというところかしら〜。
なんとなく、読者としては中途半端的な第3巻でございました…。
いや、別に家族と揉めて、それでも愛をとれと主張するわけではないけれど…。
まあ、実際のところ、そのような立場だったら、こういうものかなあ…とも思うし…。
ただ、先生のお祖父さんとの対話がもの凄く中途半端ではあったな。
結局、お見舞いにいっただけ?
それだけで、お祖父さんは納得したというのは…。
だから、完結と云っても未消化でモヤモヤした気持ちがあるのかもしれない。
雑誌で読んだときも「えっ?これで最終回!?」って思ったものなあ〜。
まあ、これで終わらなかったら、ダラダラしそうだからいいのかな。
だけど、この2人って長続きするのかなあ〜。
3年持つのかちょっと心配。
2014.06.05 Thursday 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「池魚の殃 鬼籍通覧」著者:椹野道流 | main | 夏の祭典! >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:13 | - | - |