<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ねても さめても」著者:せのおあき

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
モテ大学生の尚良には、最近のお気に入りのおもちゃがある。
それは、一度寝付くとめったなことでは起きない寝ること大好きな研究助手の三崎だ。
研究室で仮眠中の三崎は、尚良が与える愛撫やディープキスにとびきり素直に応えてくれる。
その普段のクールさとはかけ離れた無防備な様子にハマっていく尚良。
そんなある日、いつものように悪戯していると突然──! ?

せのおさんの新刊。
約1年半ぶり。
このかた、私が知る限りネット関係されていないし、作品が掲載しているのは、私が雑誌を読まない「アクア」(読まないというよりも立ち読みできる本屋に置いてないし、かといって購入するほどたくさん好きな作家さんはいないし〜)
本当に忘れた頃に出るというか…。
同人誌もJ庭とコミケしか参加されてないしねえ…。


web拍手 by FC2


1年半ぶりと行っても、その前は3年ぶりとかだったので、まだ早いほうかしらねえ〜。

今回は三編収録。
『ねても さめても』
『SECOND HELPING』
『埋み火』
コミック描き下ろしの『灯火』は『埋み火』の後日談。

あとがきによるとテーマは「犯罪がらみ」だそうです。
まあ、狙ったというよりはたまたま?
確かに、全て絡んではいるが、加害者と被害者、関係者(?)、かつての被害者と立場もバラバラ。
あっ、でも表題作以外はその犯罪って刑事事件だわ。

『ねても さめても』
警察が絡むほどではない(まあ、被害者が訴えれば十分犯罪として立件できるか?)犯罪が絡んでいる表題作が一番後ろめたいというか、一番罪が重そうな…。
よく許したなあ〜って思ったし。
多分、その表題作が一番読んでいて「???」って気分になったから、そう思ったのかもしれないけれど…。
攻めが受けにいつの間にかハマってしまうのはわかるのだけど、あんな目にあった受けがああいう行動するっていうのは納得できなかったといいますか…。
結局、以前から憎からず思っていたということなんでしょうかねえ?
あそこまで起きないということは、睡眠障害でなんらか精神的な病気だと思うから一度カウンセリングでもしたほうがいいと思う…。

『SECOND HELPING』は軽く読めたかな。
せのおさんのキャラらしい受けだなあ〜と思ったり。
ビッチ設定なんですか?
栗原苦労しそう…。

『埋み火』
個人的には一番好きかな?
でも、もう少し長い話で読みたかったかなあ〜。
作家の過去とか全然わからないし…。
『SECOND〜』といい、この作品も脇役女性キャラである女性編集者のほうがよっぽど主役男性キャラより男前でしたね。
あと、ポジションが最初に思ったのと逆だった。

というわけで、久しぶりのせのおさんの作品。
次にせのおさんの作品が読めるのは夏コミの同人誌かなあ〜。
行けるかどうか微妙だけど…。
せのおさんの作品って委託もないと思うし、行かなかったら手に入らないというか…。
まあ、冬コミあたりには行けると思うからいいけどさ…。
2014.06.21 Saturday 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「先生のおとりよせ」著者:中村明日美子×榎田ユウリ | main | 「シルバー・オクトパシー」著者:五條瑛 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:14 | - | - |