<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「シルバー・オクトパシー」著者:五條瑛

[ 五條瑛 ]
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
違法すれすれの特殊手段を使って裏世界の依頼を金で解決するビジネス集団「シルバー・オクトパシー」。
脱北者の若い女性・セリを手引きした韓国の老実業家・徐が、不正入国で強制送還となった。徐から、セリを安全な先進国に出国させる依頼を受けていた「シルバー・オクトパシー」は、女性の確保へと動く。
だが徐は送還直後、謎の死を遂げる。
日本入国後、行方をくらませたセリを狙って、正体不明の連中が暗躍を始めた。

五條さんの新刊♪
徳間書店の雑誌でこの連載が始まったとき、なんだ『ROMES06』の新作でないのかよ…と思ったが、面白かったよ!!


web拍手 by FC2


あらすじで間違っているところがあります。
「違法すれすれ」でなく、「違法ばりばり」です。
もう依頼のためなら人殺しだってするでしょう…。特にさおりんが…。

亡八と呼ばれる仕事引受人の話です。
タコの足が8人いるらしいのですが、今回特に目立った活躍をしなかったひともあり。
これって、シリーズ化して、次回では活躍するということでいいのですよね?
さおりんは次も活躍?

多民族集団に北朝鮮・ロシア問題。
五條さんのお得意のテーマがてんこ盛りの作品でした。
いつも五條さんの作品を読んでいると、自分の知らないどこかでこんなことが起こっているのでは?と心配になります…。
実際のところどうなんだ?
渋谷でハイタッチなぞして、日本は平和な国だなあ〜って感じだけど、それを見て、呑気な奴らだとほくそ笑むひとたちがいるのでしょうか…。
あくまでもフィクションであることを願うばかりだ。

しかし、クールな仕事引受人…。
金さえだせば、どんな問題も解決。
例え、相手が嘘をついていても、依頼は遂行。でもそのあとはどうなろうと知らない。
クールでプロフェッショナルともいえる…。

今の私の願いは某グループのデビュー20周年ツアーの神戸と大阪の公演のチケットが手に入ることだ…。
FC枠でも外れ、番組先行でも売り切れ、そして、本日の一般発売。
開始14分で電話が繋がったが、売り切れだったよ…。まあ、他に5公演いくけどさ…。
でも、記念の年だから、行けるところは全部行きたいのよ…。
こんな依頼をしたら、こちらがさおりんに罵られ、ボコボコにされるだろうけど…。
2014.06.22 Sunday 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ねても さめても」著者:せのおあき | main | 「私がモテてどうすんだ」3巻 著者:ぢゅん子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:20 | - | - |